• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用

各事業部門の今とこれから

このページをお気に入りに追加

高速道路の建設

NEXCO中日本グループは、高規格幹線道路(14,000km)のうち、当社として整備すべき区間について、早期に、できるだけ少ない国民負担のもとで建設を進めています。2005年10月の会社設立以降、19区間・409kmの新規区間の開通と、22カ所のスマートインターチェンジを整備しました。
新東名・新名神などの安全性・快適性を高めるダブルネットワークや大都市圏の環状道路の整備、高速道路の有効利用や地域の活性化を促進するスマートインターチェンジの整備を着実かつ効率的に進め、地域の期待に応えます。

主要施策

2020年度までに153kmの高速道路を開通させ、31カ所のスマートインターチェンジを整備します。

建設コストの削減に取り組みます。

  • 新規開通累計延長
  • スマートインターチェンジの累計整備数
  • 建設コスト削減累計額

高速道路ネットワーク建設

建設中区間の完成予定

2020年度までの開通予定

路 線 区 間 延長[km] 完成予定年度
       
新東名高速道路 海老名南JCT~厚木南 2 2017
厚木南~伊勢原北 7 2018
伊勢原北~御殿場JCT 45 2020
中部横断自動車道 六郷~増穂 9 2016
新清水JCT~富沢 21 2017
新名神高速道路 四日市JCT~新四日市JCT 4 2016
新四日市JCT~亀山西JCT 23 2018
東海環状自動車道 東員~新四日市JCT 1 2016
東海北陸自動車道 白鳥~飛騨清見〔暫定2車線区間の4車線化〕 41 2018

※国土交通省と共同で事業を実施する建設区間の完成予定年度については、完成時期が見通された段階で改めてお知らせいたします。

完成予定年度は、2016年6月時点の情報です。最新の完成予定年度は、こちらでご案内してます。

スマートインターチェンジ(ETC専用)の完成予定

名 称 設置区間 完成予定年度
     
東名高速道路
三方原スマート 浜松~浜松西 2016
舘山寺スマート 浜松西~三ヶ日 2016
上郷スマート 岡崎~豊田 2016
綾瀬スマート 横浜町田~厚木 2017
東名静岡東スマート 清水~静岡 2017
守山スマート 名古屋~春日井 2017
足柄スマート 大井松田~御殿場 2018
駒門スマート 御殿場~裾野 2019
新東名高速道路
駿河湾沼津スマート 長泉沼津~新富士 2016
新磐田スマート 森掛川~浜松浜北 2016
秦野SAスマート 伊勢原北~秦野 2020
山北スマート 秦野~御殿場 2020
小山スマート 秦野~御殿場 2020
名神高速道路
安八スマート 岐阜羽島~大垣 2016
養老SAスマート 大垣~関ヶ原 2018
新名神高速道路
鈴鹿PAスマート 菰野~亀山西JCT 2018
中央自動車道
談合坂スマート 上野原~大月 2016
富士吉田北スマート 都留~河口湖 2016
笛吹八代スマート 一宮御坂~甲府南 2016
小黒川スマート 伊那~駒ヶ根 2017
駒ヶ岳スマート 駒ヶ根~松川 2017
甲府中央スマート 甲府南~甲府昭和 2019
座光寺スマート 松川~飯田 2020
北陸自動車道
小谷城スマート 木之本~長浜 2016
能美根上スマート 美川~小松 2017
上市スマート 滑川~立山 2020
舞鶴若狭自動車道
敦賀南スマート 若狭美浜~敦賀JCT 2016
三方五湖スマート 若狭上中~若狭三方 2017
首都圏中央連絡自動車道(圏央道)
八王子西スマート 高尾山~あきる野 2016
厚木PAスマート 圏央厚木~相模原愛川 2018
東富士五湖道路
富士吉田南スマート 富士吉田~山中湖 2020

※国土交通省と共同で事業を実施する建設区間にかかるスマートICの完成予定年度については、完成時期が見通された段階で改めてお知らせいたします。

営業中のスマートICは、こちらでご案内しています。
完成予定年度は、2016年6月時点の情報です。最新の完成予定年度は、こちらでご案内してます。

高速道路ネットワークの建設

高速道路のストック効果
[新東名高速道路 浜松いなさJCT~豊田東JCT開通]

高速道路の開通により、沿線や近隣の地域などに、渋滞の緩和や交通事故の削減、大規模災害時の早期復旧への貢献、地域産業や観光の活性化など様々なストック効果がもたらされます。2016年2月に開通した新東名高速道路 浜松いなさJCT~豊田東JCTにおける効果を紹介します。

ダブルネットワークによる効果

東名高速道路の慢性的な渋滞の大幅な緩和

新東名高速道路(新東名)浜松いなさJCT~豊田東JCTの開通による交通の分散によって、東名高速道路(東名)の大幅な渋滞緩和が見込まれ、移動時間が短縮するとともに交通事故の減少が期待されます。東名 御殿場JCT~豊田JCT間の所要時間※1は、この新東名の開通前と比較して約60分短縮されます。

なお、東名の交通集中による渋滞は開通前と比較して大幅に減少しています。

※1 東名 御殿場JCT~豊田JCT間の所要時間は、2010年当時に東名のみを通行した場合の所要時間(朝夕の平均速度)と比較して算出しています。

東名 三ヶ日JCT~豊田JCTの交通集中による渋滞回数

渋滞の定義:速度40km/h以下の状態が、1km以上かつ15分以上継続した状況を1回とカウント
出典:中日本高速道路株式会社 交通データ

東名 三ヶ日JCT~豊田JCTの交通事故の発生状況

(新東名開通前)

出典:中日本高速道路株式会社交通データ(2014)

東名 音羽蒲郡IC~豊田JCTの渋滞状況(新東名開通前)

大規模災害時の早期復旧への貢献

東名とダブルネットワークを形成することにより、リダンダンシー※2が確保され、災害時の救援・救護活動、早期復旧を支援します。〈災害に対する取組みは、「災害に強い高速道路」に掲載しています。〉

南海トラフ巨大地震による震度分布(陸側ケース)

南海トラフ巨大地震による震度分布(陸側ケース)

出典:内閣中央防災会議防災対策推進検討会議「南海トラフ巨大地震の被害想定(第二次報告)のポイント」

(2013年3月18日発表)

※2 リダンダンシーとは、「冗長性」、「余剰」を意味する英語であり、国土計画上では、自然災害等による障害発生時に、一部の区間の途絶や一部施設の破壊が全体の機能不全につながらないように、あらかじめ交通ネットワークやライフライン施設を多重化したり、予備の手段が用意されている様な性質を示します。

出典:国土交通省

・大規模災害時の拠点として休憩施設を活用

・関係機関と連携した訓練を実施

自衛隊による休憩施設での訓練

地域消防による休憩施設での訓練

地域の産業や観光への貢献

物流の効率化を支援

ダブルネットワークの形成により定時性が確保され、夜間以外の時間帯でも長距離幹線輸送が可能となります。大都市間の当日配達が実現され、配送のスピードアップが期待されます。
開通後、企業からは「渋滞が回避され、時間帯にかかわらず安定した運行ができるようになった」、「運送時間が読めるので運行管理がしやすくなった」などの声があがっています。

高速道路IC付近に立地する大型物流拠点

出典:新東名(愛知県)開通効果検討会議

工場の立地を支援

沿線地域において横ばいだった工場立地件数が近年増加傾向となっています。
今回の開通により、沿線地域の利便性が向上し、企業立地の増加による地域産業の更なる活性化が期待されます。

東三河・岡崎地域の工場立地動向

工場立地動向調査(2014年3月)

出展:愛知県「工場立地動向調査(2014年3月)」

新城天海工業団地
奥三河地域への日帰り観光圏域の拡大

今回の開通により、奥三河地域への日帰り観光圏域人口が約540万人から約940万人へ増加(約400万人増)すると予測されています。
利用者アンケートでは「渋滞が緩和されて出かけやすくなった」との声もあがっており、観光の活性化への貢献が期待されます。

茶臼山高原(2010年6月5日撮影)
出典:一般財団法人 茶臼山高原協会ウェブサイト

愛知県民の森
出典:愛知県民の森ウェブサイト