• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用

集中工事

このページをお気に入りに追加

集中工事とは

集中工事は、道路を管理するために必要な工事を、短期間にまとめて昼夜連続しておこなうものです。これにより工事の集約化を図ることができ、工事規制回数や渋滞発生回数が大幅に減らせます。

東名集中工事は1988年度、名神集中工事は1991年度から、東名阪道(名二環含む)リフレッシュ工事は1995年度から実施しています。

現在予定している集中工事等はこちらをご覧ください。
集中工事など影響の大きい工事規制のお知らせ

主な工事の内容

舗装補修工事

舗装補修工事
舗装面の凹凸やひび割れなどを補修します。

防護柵改良工事

防護柵改良工事
反対車線への飛び出しなどの重大事故の発生を防ぐため、強度を増したガードレールへの取替をおこないます。

標識、照明の点検

標識、照明の点検
高所作業車を使って標識や照明を点検します。

安全対策および渋滞対策

工事規制箇所・渋滞箇所での注意喚起、連続規制などを実施し集中工事期間中の交通事故防止に取り組んでいます。

渋滞末尾での追突事故防止

渋滞末尾での追突事故を防ぐため、渋滞情報の提供や渋滞に応じて注意喚起の標識車を工事規制箇所の手前や渋滞末尾に配置し警戒にあたります。

注意喚起の標識車

連続規制の実施など

緊急車や故障車の誘導、規制材の点検のため、保安員が常時巡回します。

また、短い区間で工事規制をおこなうと合流箇所が増え、追突事故の要因となります。そのため、工事をおこなっていない箇所でも安全のため連続して規制をおこなっています。

個別規制と連続規制の違い

連続車線規制内のお知らせ看板の例

連続車線規制内のお知らせ看板の例

道路交通情報の提供

工事規制情報のご案内

集中工事にあたり、テレビCM、ラジオCM、ポスター、インターネット、横断幕などによって、工事期間をはじめとする各種の情報を事前にお知らせします。

工事期間中の渋滞状況など、お出かけ前や通行中に知りたい交通情報についても、ハイウェイテレホン、インターネットなどで提供いたします。また、規制標識や標識車を使って、工事規制箇所のお知らせや安全走行の注意を呼びかけています。

お出かけ前に入手できる道路交通情報

集中工事など影響の大きい工事規制のお知らせ
集中工事など影響の大きい工事規制のお知らせ

集中工事の概要、所要時間予測、規制情報などをお知らせします。
集中工事など影響の大きい工事規制のお知らせ

日本道路交通情報センターの道路交通情報
日本道路交通情報センター

公式WEBサイトや電話で道路交通情報を入手できます。
新しいウィンドウを開きます。日本道路交通情報センター

iHighway中日本(アイハイウェイ中日本)
iHighway中日本

iHighway中日本 二次元コード全国の高速道路交通情報を携帯電話のWEBサイトを利用して、マップや文字で確認できます。また、通行止めが発生または解除した際にメールでお知らせする「マイルート機能」などを利用できます。
新しいウィンドウを開きます。iHighway中日本

ハイウェイテレホン
ハイウェイテレホン

リアルタイムの主要道路の交通情報(5分更新)を24時間入手できます。携帯電話から「#8162」におかけいただくと、その場所から最も近い地域の高速道路情報が音声で入手できます。また、音声によるハイウェイテレホンとあわせて携帯電話のウェブサイトでご確認いただける、「目で見るハイウェイテレホン」も利用できます。

関東・甲信越地方、東海・北陸地方の高速道路情報 二次元コードなお、自動車走行中のドライバーの携帯電話の使用は法律で禁止されています。ご利用の際はサービスエリア(SA)・PAにてお願いします。
ハイウェイテレホン電話番号一覧
新しいウィンドウを開きます。関東・甲信越地方の高速道路情報
新しいウィンドウを開きます。東海・北陸地方の高速道路情報

走行中に入手できる道路交通情報

走行中には、道路情報板、ハイウェイラジオ(1620khz)またはVICS(VICS対応のカーナビゲーションが必要)で道路交通情報が入手できます。

休憩施設で入手できる道路交通情報

サービスエリアなどの休憩施設に設置してある「ハイウェイ情報ターミナル」では、テレビ画面で分かりやすく交通情報をお知らせします。またエリア・コンシェルジュでも交通情報をご案内いたします。