このページをお気に入りに追加

経営計画チャレンジⅤ 2016-2020

2016年4月、民営化10年の節目と安全性向上3カ年計画の完了を機に、民営化後20年、更に遠く将来を俯瞰した上で2020年度までに達成すべき目標として「経営計画チャレンジV 2016-2020」を策定しました。以下に示すとおり、5カ年の企業活動の軸として定めた経営方針に基づく経営施策をグループ一体となって着実に実行することで、ステークホルダーの皆さまの期待に応えるとともに、2020年度以降の方向性も見据えながら、経営理念で揚げた社会的使命を高いレベルで果たしていきます。

2017年度の振り返り

5カ年計画の2年目である2017年度においては、新東名高速道路 海老名南JCT~厚木南IC間2kmと東海環状自動車道(東海環状道) 養老JCT~養老IC間3kmの新規開通、6つのスマートインターチェンジの運用開始、東名阪自動車道 四日市地区における渋滞対策の効果発現、高速道路リニューアルプロジェクトの計画的な実施など、経営方針の最上位に掲げた「高速道路の安全性向上と機能強化の不断の取組み」を着実に進展させることができました。
また、経営方針の2~4番に掲げた技術開発、地域活性化、経営基盤強化の各取組みについても、橋梁の鉄筋などの金属腐食の抑制を目的とした新たな凍結防止剤の開発、観光施設の入園などがセットになった新たなドライブプラン販売の本格開始、グループ全体の生産性を高めるための業務プロセスの見直しや人財育成など、着実に進捗しています。

今後の取組み

2018年度においては、これまでの取組みの進捗を踏まえつつ、2020年度の目標達成に向けて、高速道路のネットワーク整備やリニューアルプロジェクトなどの「高速道路の安全性向上と機能強化の不断の取組み」をはじめ、技術開発、地域活性化、経営基盤強化の取組みをグループ一体となって推進します。あわせて、熊本地震での橋梁の被災状況を踏まえた耐震補強対策や東海環状道の整備、大雪をはじめとする荒天時の通行確保など、新たに生じた経営課題や社会的要請に対応する施策を着実に推進していきます。

財務計画

  • ・高速道路事業の計画値について
    国土交通大臣の認可を受けた平成30事業年度事業計画及び独立行政法人 日本高速道路保有・債務返済機構との協定に基づく数値に、その後の事業進捗の状況を反映しています。

重要業績評価指標(KPI)

当社グループは、グループの現在の姿を示す指標として重要業績評価指標(KPI)を設定しています。
これらの指標によって施策の達成状況を把握し、効果的に事業を進めることで皆さまの期待にお応えします。

※表をクリックすると拡大表示されます。

実績管理KPI