• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用

「5つの取組み方針」に基づく安全性向上の取組み

1.安全を最優先とする企業文化の醸成

  1. 笹子トンネル天井板落下事故を決して忘れず、「二度とこのような事故を起こしてはならない」との深い反省と強い決意のもと、「安全啓発研修」などを通じて、一人ひとりの「安全を最優先とする意識」の維持向上を図ります。
  2. ≪具体的な取組み≫

    ●安全を最優先とする経営理念の更なる浸透
    ・新人研修・階層別研修・役員講話等における背景等の説明を通じた浸透
    ・日々の業務における各職場の所属長を通じた浸透
    ●グループ全体での「安全の日」(12月2日)の取組み
    ●グループ会社も含め、より幅広い階層の社員を対象とした「安全啓発研修」の実施
    ●「安全行動指針」の唱和、「安全に関する職場討議」、「安全に関するe-learning」の実施
  3. 経営陣が先頭に立ち、各職場の所属長と一体となって、安全を最優先とする姿勢を具体的な行動で示し続けます。
  4. ≪具体的な取組み≫

    ●経営陣及び各職場の所属長による安全を最優先とする姿勢・行動の率先垂範
    ・具体的なメッセージの継続的な発信
    ・経営会議等の重要会議での安全に関する情報の共有・議論
    ・安全性向上に関する社員からの提案等に対する表彰の実施
  5. 安全に関する現場の課題をグループ内で共有できるよう、階層間及び部門間のコミュニケーションを更に充実させます。
  6. ≪具体的な取組み≫

    ●階層間の安全に関するコミュニケーションの充実
    ・経営陣の基本点検への参画・現場訪問等の直接的な対話、日々の業務における各職場の所属長を通じた対話の推進
    ●部門間の安全に関するコミュニケーションの充実
    ・「建設・保全合同会議」、「構造物のリスクに関する調査検討会」、「技術戦略会議」や、各組織階層でのグループ会社との定期的な連絡会などを通じたコミュニケーションの充実
  7. 経営陣及び社員のリスク感度を高めるとともに、安全を最優先とする価値観をグループ内で共有し、個人及び組織としての自律的な行動につなげていきます。
  8. ≪具体的な取組み≫

    ●階層別研修や講演会等を通じたリスク意識の浸透
    ●経営陣が中心となり現場組織も参画する自律的なリスクマネジメントの実施とリスクマネジメント委員会におけるモニタリング

2.道路構造物の経年劣化や潜在的リスクに対応した業務プロセスの継続的改善

  1. 将来の安全や維持管理を重視した設計・施工、建設事業における各種情報の保全事業への確実な引き継ぎ、点検から維持補修に至る維持管理サイクルの確実な循環、道路事業全体を通じての安全に関する情報の共有など、道路構造物の経年劣化や潜在的リスクに対応するために整備したルールや仕組みを現場の日常業務の中で定着させ、グループ一体となって業務のPDCAサイクルを着実に実践します。その際、整備したルールや仕組みを形骸化させないために、現場の業務が確実かつ効率的に実施されているかという視点から、業務プロセスの継続的な改善を図っていきます。
  2. ≪具体的な取組み≫

    ●建設事業から保全事業に至る道路事業全体を通じての業務プロセスの現場における確実かつ効率的な循環
    ・「建設・保全合同会議」などを活用した安全性向上に関する取組みの推進
    (維持管理しやすい設計・施工、維持管理段階の不具合情報の建設段階へのフィードバックなど)
    ・新技術・新工法の適切な採用と、維持管理段階への引継ぎと評価の実施
    ・「設計・施工技術検討会議」による設計思想等の引継ぎと施工への反映
    ・設計・施工過程が確認できる設計成果・施工管理・品質検査記録等の引継ぎと保存
    ・点検から維持補修に至る維持管理サイクルの現場における確実かつ効率的な循環
    ・維持管理サイクルの照査と専門性の高い技術者の支援による点検から維持修繕に至る業務のPDCAサイクルの強化
    ・「安全掲示板」による安全に関する情報の収集・共有と業務での活用
  3. 道路構造物のリスクへの対応を継続的に行う仕組みを確実に動かし、最新の知見や技術などを採り入れて対応するなど、道路構造物のリスクに起因する事象の未然防止に向けて取り組んでいきます。
  4. ≪具体的な取組み≫

    ●最新の知見や技術などを採り入れた要領等に基づく業務のPDCAサイクルの実践
    ●「構造物のリスクに関する調査検討会」による道路構造物のリスクへの適切な対応(対応方針を策定した顕在リスクへの対策のフォローアップと潜在的リスクの洗い出し)
  5. 部門を超えて共有された安全に関する情報や、最新の知見などを要領等へ反映していきます。
  6. ≪具体的な取組み≫

    ●部門を超えた情報交換(「建設・保全合同会議」や各部門からの提案)、海外を含む社内外の構造物の損傷情報、道路構造物のリスク情報、国の法令や各種委員会等の提言などの要領への反映
    ●二重の安全対策等致命的な状態を回避する構造、点検手法に配慮した構造、交換を前提とした設計、更新の考え方などの設計要領への反映、高速道路リニューアルプロジェクト(大規模更新・大規模修繕)に対応した技術基準の体系化
    ●高度な点検・補修技術の活用、保全点検要領の継続的な改善
  7. 点検・維持補修業務を支援する点検・補修業務支援システムを継続的に改善し、現場業務の着実かつ効率的な実施を支援するとともに、高度で効率的な点検・診断・補修技術をはじめとした安全性を高める技術開発を推進し、最新の知見や技術などを採り入れていくことで、安全を長期的に確保していきます。
  8. ≪具体的な取組み≫

    ●点検・補修業務支援システムの活用と継続的な改善
    ●点検・診断から補修・補強・更新までを高度で効率的に実施する技術の開発と導入
    ●劣化要因を除去し耐久性を向上させる技術、ライフサイクルコスト低減や品質確保につながる技術の開発と活用
    ●点検・補修技術に関する国・大学・企業等との共同研究の推進

3.安全活動の推進

  1. 安全を経営の根幹として経営陣が先頭に立ち、安全性向上の取組み状況等について、全社的な視点でフォローアップしていきます。
  2. ≪具体的な取組み≫

    ●経営陣による社内の重要会議での安全性向上の取組みのフォローアップ
  3. あらゆる機会をとらえて、海外を含む社内外の安全に関する情報を幅広く収集し、グループ全体で共有するとともに、「安全掲示板」等に蓄積された安全に関する情報を整理し、分析して、組織的に業務に活用していきます。
  4. ≪具体的な取組み≫

    ●「安全掲示板」等を通じた海外を含む社内外の安全に関する情報の収集・共有
  5. 安全に関する情報から得られた教訓や、最新の知見による現場への支援・指導をおこないます。
  6. ≪具体的な取組み≫

    ●安全監査や、安全に関する情報等から得られた教訓、最新の知見などに基づく現場への技術支援・安全指導
  7. 安全性向上の取組みについて、社外の有識者の意見を採り入れて継続的な取組みの改善を図るとともに、情報発信により透明性を確保します。
  8. ≪具体的な取組み≫

    ●安全性向上有識者会議(仮称)への報告
    ●「道路構造物の点検計画及び点検結果」の公表
    ●安全・安心に係わる重要業績評価指標(KPI)の設定及びその情報発信

4.安全を支える人財の育成

  1. 体系的な人財育成計画(マスタープラン)の更なる充実、グループ会社との人事交流の推進など人事制度の継続的な見直しや活用により、安全を最優先し、自ら考え行動する人財の育成、安全管理に関する技術力の向上、社員のモチベーションの向上を図ります。
  2. ≪具体的な取組み≫

    ●階層別研修を活用した「道路管理」、「リスク」に関する知識の向上、「リーダーシップ」能力の強化
    ●道路構造物の診断等に関する能力の強化
    ●高度な能力を有する専門技術者の育成
    ●道路構造物点検の基礎知識の向上
    ●社員の能力・モチベーション向上のための人事制度(グループ会社の現場業務経験を積む等の人事交流を含む)の活用
    ●資格取得・学位取得に向けた支援制度の充実 (自己啓発支援の実施)
  3. 2015年度から開始したグループ会社も含めた社員への「安全啓発研修」を、より幅広い階層を対象として実施していきます。
  4. ≪具体的な取組み≫

    ●グループ会社も含め、より幅広い階層の社員を対象とした「安全啓発研修」の実施 【再掲】
  5. 点検・維持補修業務の見える化を継続し、社員の達成感を醸成するとともに、グループの連携による一連の維持管理サイクルの成果として、グループ全体で認知・称賛します。
  6. ≪具体的な取組み≫

    ●点検・維持補修業務に係る計画及び結果の見える化の継続

5.安全性向上に向けた着実かつ効率的な事業の推進

  1. 潜在的リスクの洗い出しをおこない、対応方針を策定した顕在リスクへの対策を、最新の知見や技術などを採り入れて、計画的に進めます。
  2. ≪具体的な取組み≫

    ●顕在リスクへの計画的な対策の実施
  3. 道路構造物の老朽化等への対策として、高速道路リニューアルプロジェクト(大規模更新・大規模修繕)や、道路構造物の健全性の優先度に基づく維持修繕工事などの事業を、効果的な経営資源の投入により計画的に進めます。
  4. ≪具体的な取組み≫

    ●近接目視を基本とした5カ年点検計画の着実な実施
    ●高速道路リニューアルプロジェクト(大規模更新・大規模修繕)や維持修繕工事の着実な推進
    ●点検及び補修による商業施設の適切な管理
  5. 高度で効率的な点検・診断・補修技術をはじめとした安全性を高める技術開発を推進するとともに、公正性及び透明性が確保された着実な調達などにより、安全性向上に向けた事業を計画的かつ効率的に実施していきます。
  6. ≪具体的な取組み≫

    ●点検・診断から補修・補強・更新までを高度で効率的に実施する技術の開発と導入 【再掲】
    ●劣化要因を除去し耐久性を向上させる技術、ライフサイクルコスト低減や品質確保につながる技術の開発と活用 【再掲】
    ●点検・補修技術に関する国・大学・企業との共同研究の推進 【再掲】
    ●事業を確実に執行するための入札不調対策の実施

※『「5つの取組み方針」に基づく安全性向上の取組み』において、「安全」とは、「お客さま」及び「高速道路周辺の人々」への危険性が許容可能な水準に抑えられている状態を言い、対象とする危険性の範囲を「道路構造物に起因する危険性」としています。