• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用

高速道路のストック効果

このページをお気に入りに追加

具体的なストック効果の事例

NEXCO中日本管轄の高速道路のストック効果について、近年の事例を紹介します。

新名神高速道路・東海環状自動車道

四日市JCT~新四日市JCT~東員IC(三重県区間)の開通後のストック効果事例です。(2016年9月23日)

新東名高速道路浜松いなさJCT~豊田東JCTの開通による整備効果

新東名高速道路

浜松いなさJCT~豊田東JCT(愛知県区間)の開通後のストック効果事例です。(2017年2月10日)

新東名高速道路浜松いなさJCT~豊田東JCTの開通による整備効果

御殿場JCT~三ヶ日JCT(静岡県区間)の開通5年のストック効果の事例です。(2017年4月19日)

御殿場JCT~浜松いなさJCTの開通による整備効果

名神高速道路

名神高速道路全線開通50年のストック効果の事例です。(2015年4月23日)

新東名高速道路浜松いなさJCT~豊田東JCTの開通による整備効果

中部横断自動車道

六郷IC~増穂ICが開通することにより、ストック効果が期待されています。(2016年12月21日)

六郷IC~増穂ICの開通による整備効果

東海北陸自動車道

白鳥IC~飛騨清見ICが4車線化することにより、ストック効果が期待されています。(2015年12月11日)

新東名高速道路浜松いなさJCT~豊田東JCTの開通による整備効果

舞鶴若狭自動車道

舞鶴若狭自動車道は吉川JCT~敦賀JCT(約162km)が全線開通したことにより、地域経済・県内交流が活性化しました。(2015年10月22日)

舞鶴若狭自動車道の開通による整備効果

紀勢自動車道・熊野尾鷲道路

紀勢自動車道及び熊野尾鷲道路の全線開通により、観光面でのストック効果が現れています。(2016年11月1日)

紀勢自動車道・熊野尾鷲道路の開通による整備効果

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)

さがみ縦貫道路(圏央道の神奈川県区間)の全線開通によるストック効果の事例です。(2015年5月27日)

さがみ縦貫道路の開通による整備効果

埼玉県の圏央道の全線開通により、ストック効果が期待されています。(2015年10月16日)

埼玉県の圏央道の全線開通による整備効果

東海環状自動車道

東海環状自動車道(東回り)が開通から10年でもたらしたストック効果の事例です。(2015年12月18日)

東海環状自動車道(東回り)の開通による整備効果

※ストック効果とは整備された社会資本が機能することによって、継続的に中長期的に得られる効果です。

重要なお知らせ

重要なお知らせ