NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社



重要なお知らせ

【E8 北陸道】梅雨前線の影響による通行止め可能性区間のお知らせ

第1回「新東名高速道路 神奈川県西部地下水対策検討委員会」の開催概要について (2011年1月27日)

中日本高速道路株式会社東京支社秦野工事事務所(神奈川県秦野市、所長・佐藤久長)は、2011年1月20日に、新東名高速道路 神奈川県西部地下水対策検討委員会(以下「委員会」という)を開催しました。 委員会では新東名高速道路(神奈川県西部)に係わる建設に際し、計画路線周辺の地下水や湧水(以下「地下水等」という)の状況を踏まえ、これまでに実施してきた調査・検討、今後の調査計画及び保全対策などに関して審議を行っていきます。 今回は、下記に示す学識経験者委員、関係行政及び事業者(NEXCO中日本)を構成員として審議を行いました。

1.学識経験者委員
委員長  今田 徹  (東京都立大学 名誉教授)
委員  西垣 誠  (岡山大学環境学研究科 教授)
   大島洋志  (首都大学東京 客員教授)
   長瀬和雄  (長瀬技術士研究所 所長[元神奈川県温泉地学研究所所長])
2.議事概要
  1. 委員会設置趣旨、規約(案)
  2. 検討対象区間と事業概要
  3. 秦野市水文環境の現状と利用実態
  4. 検討の進め方と調査計画(案)
3.今後の予定
地下水等への検討事項が完了するまで継続審議していきます。また、委員会は毎年度1~2回程度の開催を予定しています。