1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. 2014年2月以前のニュースリリース>
  4. 圏央道 茅ヶ崎JCT~寒川北IC間、海老名IC~相模原愛川IC間  開通1ヶ月後の交通状況

2014年2月以前のニュースリリース

このページをお気に入りに追加

圏央道 茅ヶ崎JCT~寒川北IC間、海老名IC~相模原愛川IC間  開通1ヶ月後の交通状況

  • 最新情報
  • 一覧ページ

このページを印刷する

2013年06月25日

 国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所
中日本高速道路株式会社 東京支社


2013年3月30日(土)に開通しました 圏央道 海老名インターチェンジ(IC)~相模原愛川IC および2013年4月14日(日)に開通しました茅ヶ崎ジャンクション(JCT)~寒川北ICについて、開通1ヶ月後の交通状況をお知らせします。

≪開通後の交通状況≫

  • 圏央道(海老名IC~相模原愛川IC)については、1日あたり約13,300~16,500台が利用しています。
  • 圏央道(茅ヶ崎JCT~寒川北IC)については、1日あたり約1,600~2,100台が利用しています。


≪一般道路の交通状況の変化≫

  •  開通区間に並行する国道129号船子北谷(ふなこきたや)交差点の 交通量は1日あたり約4,800台(12%)減少し、大型車交通量は1日あたり約3,100台(23%)減少
  • 大型車交通量は、小型車の交通量と比べ、減少率が高い
  • 上記のような交通量の変化により、並行する一般道路の渋滞長が減少しました。
     

参考資料:開通区間の交通状況PDFファイル
一般道路の交通状況の変化PDFファイル
【参考】 圏央道開通区間概要PDFファイル

 

重要なお知らせ

重要なお知らせ