1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. 2014年2月以前のニュースリリース>
  4. サービスエリアにおけるCS評価制度を導入します~ CS(顧客満足)評価委員会を設立 ~

2014年2月以前のニュースリリース

このページをお気に入りに追加

サービスエリアにおけるCS評価制度を導入します~ CS(顧客満足)評価委員会を設立 ~

  • 最新情報
  • 一覧ページ

このページを印刷する

2006年12月20日

中日本高速道路株式会社
中日本エクシス株式会社

中日本高速道路株式会社[NEXCO中日本、本社・名古屋市中区、社長・高橋 文雄(たかはし ふみお)]とサービスエリア(SA)を運営する子会社・中日本エクシス株式会社[本社・名古屋市中区、社長・原田 裕(はらだ ゆたか)]は、今般、新たに「CS評価制度」を導入し、SA各店舗の更なるサービスレベルの向上を図ることとしました。

この「CS評価制度」は、「シークレットカスタマー調査」や「お客様へのヒアリング調査」を行い、その結果をもとに、このたび、第三者を交えた「CS評価委員会」[委員長 中日本エクシス(株) 社長・原田 裕(はらだ ゆたか)]を中日本エクシス株式会社内に設置し、SAの飲食店、物販店、ガソリンスタンドなど、個別にCS評価を行なうもので、これを各店舗の運営改善に活用するものです。
(なお、CS評価委員会の外部委員は下記のとおりです。)

また、このCS評価とお客様からのご意見をもとにNEXCO中日本グループとして店舗の格付けを行い、優良店舗については、ホームページなどで公表することを検討しています。

NEXCO中日本グループは、お客様にとって、「より快適」「より便利」「より楽しい」サービスエリアの創造に向けて、今後も取り組んでまいります。


CS評価委員会(外部委員)
 

野口 洋平(のぐち ようへい)
杏林大学 外国語学部 観光文化コース 講師
立教大学社会学部観光学科卒業、立教大学大学院観光学研究科満期退学、
鈴鹿国際大学国際学部観光学科講師を経て、2006年4月より現職。
川村学園女子大学人間文化学部非常勤講師兼任。


福井 康夫(ふくい やすお)
(株)メディアフラッグ 代表取締役社長
早稲田大学法学部卒業後、旧三和銀行を経て、セブンイレブンジャパンに転職。
店長、スーパーバイザーを経験後、情報システム本部にて店舗システム推進、新規事業立上げに参画。
2004年に(株)メディアフラッグを設立。ミステリーショッピングリサーチを中心に流通小売向けアウトソーシング事業を展開。


佐藤 梨枝子(さとう りえこ)
ワンスアラウンド(株) 販売インストラクター
(株)コーセーを経て、(株)鈴屋入社。セールストレーナー、店長を歴任後、本社販売サービスディレクターに就任し、「サービス№1の会社作り」のリーダー、全社のサービスレベルセッターとして活躍。
2002年にワンスアラウンド(株)の設立に参加。