1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. 2014年2月以前のニュースリリース>
  4. 学業成就と安産のお守り「招福さるぼぼ」をリニューアル発売 -難関突破の象徴・トンネルの貫通石を用いたオリジナル商品-

2014年2月以前のニュースリリース

このページをお気に入りに追加

学業成就と安産のお守り「招福さるぼぼ」をリニューアル発売 -難関突破の象徴・トンネルの貫通石を用いたオリジナル商品-

  • 最新情報
  • 一覧ページ

このページを印刷する

2007年11月14日

NEXCO中日本[中日本高速道路株式会社、所在地・名古屋市中区、代表取締役会長CEO・矢野弘典(やの・ひろのり)]は、現在建設工事が最盛期を迎えている東海北陸自動車道の、飛騨トンネル(延長10.7km)の貫通地点付近から採取した貫通石(かんつうせき)を用いたオリジナル商品「招福さるぼぼ」のデザインを一新し、11月17日からドライブ情報ウェブサイトのオンラインショップで発売します。(URL http://kousokubiyori.jp/)

本商品は、岐阜県飛騨地方の代表的な民芸品さるぼぼに、飛騨トンネルの貫通石を封じたお守り袋を持たせたもので、本年1月14日から8月までの間に、約8千個を販売しました。このたびのリニューアルでは、お守り袋の色を縁起のよいゴールド(前作は紺、えんじの2色)に変更し、腹当ての文字を「招福」(前作は「飛騨」)に変更しました。商品の種類は、大きいサイズ(15cm、税込1365円)、小さいサイズ(10cm、同840円)の2種類を用意しております。
高速道路サービスエリア売店での取り扱いは、12月上旬開始を予定しています。販売場所など詳細は、後日あらためてお知らせします。



大(15cm)1365円 小(10cm)840円

トンネルの貫通石には古来安産のご利益があると伝えられます。また、難工事を経て掘り出されるところから、難関突破を象徴しているともいえ、昨今では学業成就のお守りとしても珍重されています。