1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. 2014年2月以前のニュースリリース>
  4. 新東名高速道路(御殿場JCT~三ケ日JCT間)開通から1年~開通後1年間の高速道路の交通状況と整備効果~

2014年2月以前のニュースリリース

このページをお気に入りに追加

新東名高速道路(御殿場JCT~三ケ日JCT間)開通から1年~開通後1年間の高速道路の交通状況と整備効果~

  • 最新情報
  • 一覧ページ

このページを印刷する

2013年04月12日

新東名(静岡県)インパクト調整会議
静岡県
静岡市
浜松市
国土交通省中部地方整備局
NEXCO中日本東京支社

新東名高速道路の静岡県内区間のうち、御殿場ジャンクション(JCT)から三ヶ日JCTまでの約162kmが、2013年4月14日(日)で開通後1年を迎えます。
このたび、「新東名(静岡県)インパクト調整会議」(会長:国土交通省 中部地方整備局 道路部長)で、開通後1年間(※1)の高速道路の交通状況と整備効果をとりまとめましたので、お知らせします。
(※1)とりまとめ期間:2012年4月15日(日)~2013年4月6日(土)

<ポイント>

○新東名の開通後1年間の平均交通量は、全日40千台/日、平日38千台/日、休日44千台/日でした。

○開通後1年間に静岡県内で発生した10㎞以上の渋滞回数は、約9割減少しました。

静岡県内を通過する交通の約7割は新東名を利用し、県内移動の約8割は東名を利用しており、通過交通は新東名、県内移動は東名という役割分担が明らかになりました。

○新東名の大型車の平均移動距離は約310kmである一方、東名は約190kmから140kmに減少し、東名の移動距離の長い通過交通が新東名に転換しました。

○首都圏と中京圏間の長距離交通は、中央道ルートは減少し、東名・新東名ルートは増加しており、中央道から東名・新東名へ転換が図られたものと思われます。

○新東名利用についての安全・安心・快適に関する満足度は、約8割でした。

ネオパーサ(7箇所)の1年間の延べ来場者数は、3,700万人でした。

○新東名に接続する伊豆縦貫や三遠南信の交通量は、全日、平日、休日ともに増加しました。(最大伊豆縦貫21%増三遠南信31%増

参考資料:開通後1年間の高速道路の交通状況と整備効果PDFファイル

重要なお知らせ

重要なお知らせ