1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. 2014年2月以前のニュースリリース>
  4. 独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構との「協定」の変更、国土交通大臣からの事業変更許可について-スマートインターチェンジの本格導入と地域活性化インターチェンジの追加整備-

2014年2月以前のニュースリリース

このページをお気に入りに追加

独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構との「協定」の変更、国土交通大臣からの事業変更許可について-スマートインターチェンジの本格導入と地域活性化インターチェンジの追加整備-

  • 最新情報
  • 一覧ページ

このページを印刷する

2007年03月22日

NEXCO中日本[中日本高速道路株式会社、本社:名古屋市中区、代表取締役会長CEO:矢野弘典(やのひろのり)]は、社会実験中のスマートインターチェンジ(IC)のうち3ヵ所の本格導入と、地域活性化IC1ヵ所の追加整備に向けて、2007年3月22日付で独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構との「協定」を変更するとともに、国土交通大臣に対して「事業変更許可」を申請し、許可を得ました。
なお、これらのICについては3月16日、国土交通大臣が「整備計画」を変更し、地方公共団体に対して「連結許可」を行っています。

○スマートICの本格導入個所の追加:3ヵ所
道路名 スマートIC名称 連結申請者
東名高速道路 富士川(ふじかわ)スマートインターチェンジ 静岡県、富士川町
東名高速道路 遠州豊田(えんしゅうとよだ)スマートインターチェンジ 磐田市
東名阪自動車道 亀山(かめやま)PAスマートインターチェンジ 亀山市
○地域活性化ICの追加整備:1ヵ所
道路名 地域活性化IC名称 連結申請者
北陸自動車道 白山(はくさん)インターチェンジ(仮称) 石川県
参考
「整備計画」「連結許可」に関する国土交通省の記者発表資料については、こちら
「協定」に関する機構のHPについては、こちら
【位置図】