NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


ニュースリリース

  • 金沢支社 交通・規制 プレスリリース

大雪に備え、タイヤチェーン携行のうえ、安全運転をお願いします 高速道路での冬用タイヤ装着率100%

NEXCO中日本 金沢支社は、冬期の北陸路を安全にご利用いただくため、お客さまに冬用タイヤの装着、タイヤチェーンの携行など、冬用装備で走行していただくようにお願いしております。
2020年12月7日に実施した冬用タイヤ装着調査の結果を踏まえ、12月18日に2回目の同調査をおこないました。調査数日前からの降雪により、前回の調査結果よりも30ポイント上昇し100%となりました。
高速道路は走行する時間帯や区間によって路面状況が異なりますので、一層の注意を払い、安全運転に心がけてください。
年末は、寒波の襲来が予測されていますので、冬用タイヤ未装着の方は早急な装着をお願いいたします

冬用タイヤ装着調査結果 100%(前回70%、調査日12月7日)

※調査は、12月18日にSAに駐車している車両のタイヤを目視で確認したものです。
対象SA:有磯海SA、尼御前SA、南条SA、賤ヶ岳SAの上下線
※【大型】はトラック・トレーラー・バス、【小型】は普通車・軽自動車です。

大雪特別警報や大雪に関する緊急発表がおこなわれるような異例の降雪時には、金沢支社管内の下記区間でチェーン規制を実施する場合があります。タイヤチェーンの携行もあわせてお願いいたします。


 

ノーマルタイヤでの雪道走行は、道路交通法により法令違反(※)となる場合があります。
※都道府県道路交通法施行細則または道路交通規則により、車両等の運転者は、積雪している道路において、すべり止めの措置を講ずる義務が定められています(沖縄県除く)。
なお、冬の高速道路を安全にご利用いただくための資料をとりまとめています。
詳しくは、「別紙」をご確認ください。

参考資料 冬の高速道路を安全にご利用いただくために

  • ページの先頭へ戻る