NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


ニュースリリース

  • 金沢支社 交通・規制 プレスリリース

2018年 集中的な大雪時にはタイヤチェーンの装着を! ~「チェーン規制区間」を設定~【石川県内の高速道路】

北陸地方整備局
NEXCO東日本 新潟支社
NEXCO中日本 金沢支社

2018年12月14日の「道路標識、区画線および道路標示に関する命令」の一部改正により、新たに「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」の標識が定められました。
これに伴い、北陸地方整備局管内の直轄国道および高速道路において、下記のとおり「チェーン規制」を実施する区間を設定しました。
下記規制区間においては、「大雪に関する緊急発表」が発表されるような集中的な大雪が発生し、降雪状況から立ち往生車両が多発する危険性が高まった際にチェーン規制をおこなう予定です。

区間(別紙1~9参照)

・直轄国道
国道7号(新潟県村上市大須戸~上大鳥)
・高速道路
上信越道(信濃町IC(インターチェンジ)~新井PA) 北陸道(丸岡IC~加賀IC)

規制内容

上記区間において、「チェーン規制」を実施した場合は、チェーンを装着していない車両(全車)は通行できなくなりますので、ご注意ください。
※冬用タイヤのみでは走行できません。

参考資料: 【別紙1】2018年度チェーン規制実施箇所(北陸地方整備局管内)
【別紙2】チェーン規制区間 区間図
【別紙3~5】チェーン規制区間(国道7号)
【別紙6~7】チェーン規制区間(上信越道)
【別紙8~9】チェーン規制区間(北陸道)
【参考】大雪に関する緊急発表の実績
【参考】チェーン規制(Q&A)

  • ページの先頭へ戻る