• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用

2. 構造物の経年劣化や潜在的リスクに対応した業務プロセスの見直し

構造物の経年劣化や潜在的リスクに対応した要領・マニュアルの見直し

構造物の経年劣化や潜在的リスクに対応した点検要領に見直します。また、建設段階から引き継がれた設計・施工に関する情報、不具合情報などを確実に維持管理段階に引き継ぐとともに、維持管理段階の不具合情報を建設にフィードバックさせ、設計要領に反映します。
さらに、調査・検討委員会や道路メンテナンス技術小委員会などの情報も要領に反映します。

(1) 経年劣化や潜在的リスクに対応した要領・マニュアルの見直しをおこないます。

具体的な取組み

  • 構造物の経年劣化や潜在的リスクに対応した点検要領に見直します。
    • 長期にわたる安全性確保のために、定期的な詳細点検、塩害などによる損傷状況を確認するための特別点検、重大事象や地震発生後の緊急点検、付属物やコンクリートの剥落等第三者被害を防止するための点検などについて、点検の目的が確実に効率的に達成できるように、点検の頻度、手法等について構造物の状況や環境条件、第三者への影響などを考慮し、点検要領に反映します。
    • 「構造物のリスクに関する調査検討会」などの潜在的リスクを把握する取組みの結果を点検要領に反映します。
  • 点検などに係わる要領、マニュアルを体系化し、分かりやすくします。
  • 構造物の経年劣化や潜在的リスクに対応した設計要領に見直します。
    • 部材の一部の損傷等が原因となり、構造系の崩壊など致命的な状態に至る可能性の回避に配慮し、設計要領に反映します。
    • 点検や補修等の維持管理を容易におこなうために、検査路の設置、点検空間の確保など具体的な点検手法に配慮し、設計要領に反映します。
    • 供用中に更新することが想定される部材については、あらかじめ更新が確実かつ容易におこなえるように、交換を前提とした設計や交換作業の空間やアクセスの確保などに配慮し、設計要領に反映します。
    • 耐用年数が比較的短く、更新の可能性が高い道路付属物について、更新により対応すべき部材やその時期の目安、点検の留意点などを検討し、設計要領及び点検要領に反映します。また、橋梁床版や舗装などの道路構造物についても、同様に更新の考え方を検討し、設計要領に反映します。
    • 個々の設計における配慮事項については、設計図書などに明記し施工段階及び維持管理段階に確実に引き継がれるように、設計要領に反映します。
  • 道路上に設置する重量構造物の安全性を向上します。
    • 新たに設置する常時引張り力を受ける吊構造に接着系ボルトは採用しないこととします(2013年6月7日通知済)。
    • 道路上に設置される重量構造物(標識、ジェットファンなど)について、トンネル外への位置の変更や車線上から側方へ移動可能なものは移設するなど抜本的な対策を検討し、設計要領に反映します。なお、車線上に存置される重量構造物については、二重の安全対策や点検手法の見直しをおこないます。

(2) 部門を超えた情報交換により得られた安全性向上に寄与する改善点や気づきなどを、設計要領に反映します。また、国などの委員会における提言や、安全に重大な影響を及ぼす情報を要領に反映させます。

具体的な取組み

  • 建設と保全、土木と施設、グループ会社などとの情報交換により得られた安全性向上に寄与する改善点や気づきなどを、設計要領に反映します。
  • 調査・検討委員会、道路メンテナンス技術小委員会等の提言、事故情報や材料・製品の不具合情報などから判明した構造物に重大な影響を与える情報も要領に反映します。