• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用

4. 体系化された安全教育を含む人材育成

安全管理に関する技術力の向上

道路管理をおこなう社員として必要な知識や、点検・補修技術に関する知識・技術力を向上します。

(1) 体系的な人材育成計画(マスタープラン)を作成し、グループ全体の安全管理に関する基礎知識の習得、道路保全に従事する社員の点検・補修技術に関する知識・技術力の向上、高度な技術的知見を有する専門家や現場を指導できる技術者などの育成をおこないます。

具体的な取組み

  • 体系的な人材育成計画( マスタープラン)を作成し、その実施状況を踏まえてPDCAをまわし、適切に人事施策に反映します。
  • あらゆる行動が安全に直結するため、職種の垣根を越え、道路管理をおこなう社員として必要な知識を習得します。
  • 実践的な体験が可能な研修施設を充実し、これを用いて点検技術に関する体系的、実践的な教育をおこなうとともに、道路保全に従事する社員のうち点検に関わらない社員についても、構造物点検の基礎的な知識を習得します。
  • 道路保全に従事する社員の技術力の向上や専門的な技術者の育成を目的として、グループ会社との人事交流を含むジョブローテーションを積極的に活用します。
  • 専門的な技術者の育成を目的として、点検・補修技術の向上と自発的な学びを促すべく、点検に関する技術についてグループ内に資格制度を設けます。
  • 橋梁点検技術研さん・研究用施設
    橋梁点検技術研さん・研究用施設

    橋梁点検技術研さん・研究用施設N2U-BRIDGE(呼称:ニューブリッジ)
    名古屋大学構内に、全国で更新に伴い撤去された橋梁を再利用した研究施設を設置しました。