• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. 2014年2月以前のニュースリリース>
  4. お盆期間の高速道路における渋滞予測と対策について 【中日本版】

2014年2月以前のニュースリリース

このページをお気に入りに追加

お盆期間の高速道路における渋滞予測と対策について 【中日本版】

  • 最新情報
  • 一覧ページ

このページを印刷する

2012年07月13日

中日本高速道路株式会社

NEXCO中日本は、お盆期間[2012年8月8日(水)~2012年8月19日(日)の12日間]の高速道路での交通集中による渋滞発生の傾向と、10km以上の渋滞が予測される場所や通過所要時間などをまとめました。
渋滞予測情報は過去の渋滞データをもとに予測をしておりますが、当日の交通状況により予測と大きく変わる可能性があります。出発前には道路交通情報を必ずご確認ください。
なお、当社管内の交通死亡事故による死亡者数は、2011年度は55名と、2010年度に比べ5名増加しました。これからお盆を迎えるにあたり、お客さまにおかれましては、安全運転を心掛けていただくよう、お願いします。

1.分散利用のお願い
  • ■お盆の渋滞は、下り線は8月11日(土)~13日(月)、上り線は8月14日(火)~16日(木)に多く発生すると予測しています(下図参照)。
  • ■この渋滞予測は、休日特別割引がなかったGW、お盆、年末年始などの交通混雑期に確認された交通量の実績や過去の渋滞状況を参考に予測しました。なお渋滞状況は事故や天候の影響によっても大きく変わる可能性があります。
  • ■当社では、さまざまなツールで渋滞予測情報や道路交通情報を提供しておりますので、出発前には是非ご活用ください。
  • ■また、渋滞緩和を目的として東名上り線の一部区間では、「東名 お盆渋滞減らし隊キャンペーン」を実施します。
    詳細は当WEBサイトでご確認ください。
(1)渋滞発生の傾向
【ピーク時10km以上と予測した渋滞の日別発生回数】 合計 150回

ピーク時10km以上と予測した渋滞の日別発生回数

≪参考≫昨年 お盆との比較【2011年8月10日(水)~2011年8月21日(日):12日間(事故等の影響含む)】

昨年 お盆との比較
※30km以上の渋滞を含む

(2)特に長い渋滞(30km以上)の発生予測 (IC:インターチェンジ、TN:トンネル)
特に長い渋滞(30km以上)の発生予測
なお、10km以上の渋滞が予測される場所は、〔別紙-1PDFファイル〕のとおりです。
(3)混雑が予想される休憩施設 〔別紙-2PDFファイル
駐車場の混雑が予想される休憩施設をとりまとめていますので、快適なご旅行にお役立てください。
(4)新東名高速道路(御殿場JCT~三ヶ日JCT)が4月14日(土)に開通しました
2012年4月14日(土)に新東名高速道路(御殿場JCT~三ヶ日JCT)が開通しました。2011年度は、東名高速道路の御殿場JCTから三ヶ日JCT間を先頭とする渋滞が47回発生しましたが、2012年度は新東名の開通により、東名・新東名(御殿場JCT~三ヶ日JCT)を先頭とする10km以上の渋滞は2回とほぼ解消される見込みです。
≪東名・新東名(御殿場JCT~三ヶ日JCT)の渋滞予測状況≫
東名・新東名(御殿場JCT~三ヶ日JCT)の渋滞予測状況
※1:30km以上の渋滞を含む
≪東名・新東名(御殿場JCT~三ヶ日JCT)の渋滞(10km以上)の発生予測≫
東名・新東名(御殿場JCT~三ヶ日JCT)の渋滞(10km以上)の発生予測
※2:東名(三ヶ日JCT⇒豊川IC)の宇利TN付近を先頭とした渋滞も発生します。
(5)東名高速道路(音羽蒲郡IC~豊田JCT)の3車線(暫定)運用区間の渋滞予測
2011年10月21日(金)に東名高速道路(音羽蒲郡IC~豊田JCT)の3車線(暫定)運用を開始しました。2011年度は、当区間を先頭とする渋滞が28回発生しましたが、2012年度は3車線(暫定)運用により、10km以上の渋滞は、解消される見込みです。
≪東名高速道路(音羽蒲郡IC~豊田JCT)の3車線(暫定)運用区間の渋滞予測状況≫
東名高速道路(音羽蒲郡IC~豊田JCT)の3車線(暫定)運用区間の渋滞予測状況
※1:30km以上の渋滞を含む
2.混雑対策の取り組み

■「東名 お盆 渋滞減らし隊キャンペーン」を実施します
お盆の東名高速道路(上り線)では、お客さまのご利用が集中するため、厚木IC~横浜町田IC間の大和トンネル付近を先頭とした渋滞が最大で約35km発生すると予測されています。そのため、お客さまのご利用を、混雑しないと予測される時間帯に変更していただくことで渋滞の緩和を図る「東名 お盆 渋滞減らし隊キャンペーン」を実施します。

以下条件をすべてを満たして利用いただくと
(1) 1,000円分のお買い物券[サービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)チケット]をもれなく進呈
(2) さらに、アンケート回答者の中から抽選で100名さまに、海老名SA・足柄SA・NEOPASAで利用可能なお買い物券5,000円分をプレゼント
《キャンペーンの条件》
1)キャンペーンサイト [http://rakudora-tomei.jp/jcp010.html] で事前登録。 登録用QRコード
登録用QRコード
2)以下日時、区間をETC無線システムを利用して通行
キャンペーンの条件
※入口の通過時間に指定はありません。
3)アンケートに回答(アンケートは約60問、回答には45分程度かかります。)
詳細は、キャンペーンサイト [http://rakudora-tomei.jp/jcp010.html]をご確認ください。
3.渋滞(予測)情報の提供

■渋滞情報をインターネットなど各種の媒体を通じて提供しており、旅行計画段階、旅行の出発前、走行中、休憩中など、いつでもどこからでも情報を入手できます。

(1)渋滞予測情報
1)インターネット [http://www.c-nexco.co.jp/] (パソコン、携帯電話共通)
NEXCO中日本公式WEBサイトで、渋滞予測情報が検索できます。
2)リーフレット(渋滞予測ガイド)
高速道路の各SAのエリア・コンシェルジュや、料金所事務室などでお配りしています。
(7月18日頃から配布予定)
(2)現在の道路交通情報
1) 日本道路交通情報センターの道路交通情報 
インターネット [http://www.jartic.or.jp/] や電話(電話番号は〔別紙-3PDFファイル〕をご覧ください)で道路交通情報を入手できます。
2) ⅰHighway 中日本(アイハイウェイ中日本)
全国の高速道路交通情報を携帯電話のWEBサイトを利用して、マップや文字でご確認いただけます。このアイハイウェイでは通行止が発生または解除した際にメールでお知らせする「マイルート機能」などをご利用いただけます。
なお、自動車運転中のドライバーの携帯電話の使用は法律で禁止されています。ご利用の際はSA・PAにてお願いします。
アイハイウェイ http://c-ihighway.jp/ アイハイウェイ QRコード
3) ハイウェイテレホン(電話番号は〔別紙-3PDFファイル〕をご覧ください。)
携帯電話から「#8162〔はーい、無事(帰る)〕」におかけいただくと、その場所から最も近い地域の高速道路情報が音声で入手できます。
※音声によるハイウェイテレホンと合わせ携帯電話のWEBサイトでご確認いただける、
「目で見るハイウェイテレホン」もご活用ください。
・関東・甲信越地域の高速道路情報
http://www.yokohama1620-c-nexco.jp/main/index.shtml
関東・甲信越地域の高速道路情報 QRコード
・東海及び北陸地域の高速道路情報
http://highway-telephone.com/
東海及び北陸地域の高速道路情報 QRコード
 
(3)走行中に入手できる道路交通情報
  • 1)道路情報板
  • 2)ハイウェイラジオ(1620KHz)
  • 3)VICS・ITSスポット VICS・ITSスポット対応のカーナビゲーションなどで入手できます。
(4)休憩中に入手できる道路交通情報
1)ハイウェイ情報ターミナル(サービスエリアなどに設置)
テレビ画面などにより、分かりやすくお知らせします。
2)その他
SAのエリア・コンシェルジュ、案内看板などで交通情報を入手できます。

参考資料:お客さまへの安全走行のお願いPDFファイル