1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. 2014年2月以前のニュースリリース>
  4. 東名阪道 一部区間の暫定3車線化工事のお知らせ~四日市IC付近の渋滞対策として~

2014年2月以前のニュースリリース

このページをお気に入りに追加

東名阪道 一部区間の暫定3車線化工事のお知らせ~四日市IC付近の渋滞対策として~

  • 最新情報
  • 一覧ページ

このページを印刷する

2012年03月26日

NEXCO中日本 名古屋支社は、東名阪自動車道 四日市東(よっかいちひがし)インターチェンジ(IC)~鈴鹿(すずか)IC間の一部区間を暫定的に2車線から3車線に変更します。工事は今春の東名阪リフレッシュ工事から開始します。工事期間中は大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。

1.事業概要

1)東名阪自動車道 四日市東IC~鈴鹿ICは1日に約10万台の交通量があり、通勤時間帯や週末の朝夕を中心に大規模な渋滞や渋滞に伴う事故が発生しています。

2)これまでさまざまな対策を実施してきましたが、さらなる対策として、交通容量を向上させるため、一部区間において現在2車線の道路幅の中で暫定的に幅員を変更して3車線とします。

3)路肩が狭くなることから、非常駐車帯を概ね500m間隔に設置します。

4)3車線(暫定)運用は、並行する新名神高速道路[四日市ジャンクション(JCT)~亀山西JCT(仮称)間]が完成するまでの予定です。
 

対策範囲

 

2.工事期間

2012年東名阪・名二環リフレッシュ工事(5月28日開始)から 2012年12月末までの予定
 

幅員の構成

 

 

3.工事概要

1)基本的には路肩部分を規制し、規制の中で交通安全施設(非常駐車帯や待避所など)を設置する工事をおこないます。ただし、一部の工事については走行車線や追越車線を規制して工事を実施する場合もあります。

2)工事中から車線の幅員が3.5m⇒3.25mに減少します。

3)並行する新名神高速道路[四日市JCT~亀山西JCT(仮称)間]が2018年度に完成(予定)した後、現在の2車線運用へ戻す工事をおこないます。

 


4.お客さまへのお願い

1)工事中の走行について
工事中は工事範囲の路肩を終日規制し、工事車両の出入りもあります。また、車線の幅員も狭くなります。
工事看板などで周知を図ってまいりますが、工事区間の走行には十分お気をつけください。
 

2)3車線運用時の交通安全について
3車線運用時の通行方法等については、管轄する警察と協議中ですが、運用開始前に十分な周知を図ってまいります。

 

 

お問い合わせ先

【工事に関するお問い合わせ】

名古屋支社 桑名保全・サービスセンター TEL. 0594-23-3561 (代表)
  平日9:00~17:30に受付。


【高速道路に関するお問い合わせ(24時間受付)】

NEXCO中日本 お客さまセンター TEL. 0120-922-229 (直通)
  または TEL. 052-223-0333 (直通)
  (フリーダイヤルをご利用いただけない場合、通話料有料)