NEXCO中日本 企業情報サイト


インフラ長寿命化計画(行動計画)

NEXCO中日本では、第2次の「国土交通省インフラ長寿命化計画(行動計画)」が策定されたことを受け、NEXCO中日本が管理する高速道路等の維持管理・更新等を着実に推進するための中長期的な取組みの方向性を明らかにする計画として、第2次の「NEXCO中日本インフラ長寿命化計画(行動計画)」(以下「行動計画」という。)を策定しました。
また、行動計画に基づき、個別施設毎の具体な対策方針となる「個別施設計画」を策定しました。

計画の範囲

対象施設

道路施設[橋梁、トンネル、大型の構造物(大型カルバート・シェッド等、横断歩道橋、門型標識等)]

対象期間

令和3年度から令和7年度(2021年度から2025年度)

計画の内容

個別施設計画の策定

事業予算の確保

予防保全型インフラメンテナンスサイクルの確立

新技術の開発・導入・活用

点検・診断

修繕・更新等

体制の構築

情報基盤の整備・活用

基準類等の充実

資料

  • ページの先頭へ戻る