NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


重要なお知らせ

大雨の影響にご注意ください ~通行止めの可能性があります~
E8 北陸道 下り線 敦賀IC~今庄IC間は土砂災害のため通行止めをおこなっています ~長期間の通行止めが見込まれていますので迂回をお願いいたします~

ニュースリリース

  • 本社 安全への取り組み プレスリリース

「高速道路DXアイデアコンテスト」審査結果 ~アプリ部門とアイデア部門で最優秀賞が決定~

NEXCO中日本は、次世代技術を活用した革新的な高速道路保全マネジメント「i-MOVEMENT」の実現に向けて、コンソーシアム方式によりオープンイノベーションを推進する組織「イノベーション交流会」を、2019年7月に設立し、現在までに122の企業・団体のみなさまと、さまざまな提案を実証し、高速道路での実用化に向けて取り組んでいます。
イノベーション交流会では、NEXCO中日本が抱える課題や求める技術などのニーズに対し、会員のシーズを活用したご提案をいただいていますが、会員からの意見を受け、さらに幅広いアイデアを取り込む一環として、スタートアップ企業などからの独自性のあるアイデアを募集し「高速道路DXアイデアコンテスト」を開催しました。
プレゼンテーション審査の結果、下記のとおり受賞作品を決定しましたのでお知らせします。

1

審査結果

1.アプリケーション部門

<最優秀賞:1件>

会社名 作品名
電駆ビジョン株式会社 橋脚保守点検業務における高精細・低コストな3D記録

<優秀賞:2件>

会社名 作品名
富士通株式会社 パノラマ点検マップアプリ
DataLabs株式会社 クラウド型の自動三次元モデル化やデータ共有・可視化基盤を活用した高速道路インフラマネジメントの高度化

2.アイデア部門

<最優秀賞:1件>

会社名 作品名
株式会社見えまストレス 「見えまストレス」アプリを活用し疲労要因の交通事故低減を目指す

<優秀賞:4件>

会社名 作品名
株式会社アイデミー Don't Parking
株式会社コーピー 画像解析AIを用いた 設備メンテナンス業務の効率化
ナカシャクリエイテブ株式会社 オープンデータとオープンソースGISを活用した、事故リスク回避・危険情報可視化サービス
中央復建コンサルタンツ株式会社 ローカル5GによるSA/PAのスマート化

受賞内容

1.アプリケーション部門

<最優秀賞> 副賞100万円、イノベーション交流会会員費免除(初年度分)

  • 会社名:電駆ビジョン株式会社
  • 作品名:橋脚保守点検業務における高精細・低コストな3D記録
  • 作品概要:電駆ビジョン株式会社が開発したWebサイト3Dキャプチャアプリ「Points3D」を活用し、従来の構造物点検業務での画像記録を、デジタルカメラやスマートフォンなど安価なデバイスで撮影しWebサイト上で容易に短時間で3D化することができます。また、URLで既存の橋梁台帳データと連携させることも容易です。

23

・審査講評コメント:
本作品は、他の提案と比べて、高速道路事業での活用シーンの具体性と、アイデアの独自性が特に高いものであると評価しています。現在当社では、道路構造物の3Dデータの取得や整備を進めており、スマートフォンで撮影した動画から短時間で3Dデータを得ることができる本作品の技術は、3Dデータの取得を容易にし、活用へのハードルを下げる点で大変興味深いものだと感じています。今後は、高速道路の実フィールドにおいて本アプリを実証し、改良することで、高速道路の保全業務の高度化に資するアプリとなることを期待しています。

・受賞者コメント:
受賞させていただき光栄に存じます。当社の3D技術はEC(電子商取引)やデジタルアーカイブ用に開発してきましたが、業務用3D記録にも明らかに有用であるため応募させていただきました。本技術が高速道路事業に貢献できるよう今後も引き続き改良を続けてまいります。

2.アイデア部門

<最優秀賞> 副賞20万円、イノベーション交流会会員費免除(初年度分)

  • 会社名:株式会社見えまストレス
  • 作品名:「見えまストレス」アプリを活用し疲労要因の交通事故低減を目指す
  • 作品概要:NEXCO中日本管内を走行するドライバーが、高速道路に乗る前/乗った後(休憩時)/降りた後のストレス状況をアプリケーションで蓄積し、疲れの度合いにより「適切なタイミングでの休息」を促し、疲労要因の注意力低下に伴う、交通事故の低減を目指します。

4

・審査講評コメント:
本作品は、他の提案と比べて、高速道路事業での活用シーンの具体性と、募集テーマ「スマートSA/PA」としてだけでなく、交通事故の削減にもつながる課題解決への貢献度が特に高いものであると評価しています。また、他のアプリとの連携が可能であるなどカスタマイズ性もあり、活用の幅の広さを感じました。今後引き続き、事故の発生要因を掘り下げ、さらに効果的な活用方法を検討していただきたいと期待しています。

・受賞者コメント:
受賞の吉報に非常に驚くと同時に、「アイデア部門 最優秀賞」という過分な評価をいただき、大変うれしく、光栄に思っております。ぜひご提案内容の実現に向けて、ご一緒させて頂く機会を頂戴できれば幸甚です。

参考資料: 高速道路DXアイデアコンテスト・募集概要
イノベーション交流会 会員一覧

  • ページの先頭へ戻る