NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


ニュースリリース

  • 本社 経営 プレスリリース

テナント従業員の新型コロナウイルス感染について(E1 東名 海老名SA(上り))

E1 東名高速道路(東名)海老名サービスエリア(SA)(上り)に勤務するテナント従業員1名が、新型コロナウイルスのPCR検査により「陽性」であることが確認されました。
当該従業員は、本日、神奈川県が公表した新型コロナウイルス感染者の一人であり、商業施設内の売店で勤務しておりました。業務従事中は常時マスクを着用し、定期的な手洗い、うがい、手指の消毒などを徹底し、お客さまと接する業務に従事しておりました。
現在、海老名SA(上り)は、休憩施設の全ての箇所の消毒作業が完了し、通常営業をおこなっております。
当社のサービスエリア・パーキングエリアにおいては、日頃より商業施設内の消毒など感染予防に努めておりますが、お客さまや従業員の安全を最優先に考え、関係機関との連携を図り、引き続き必要な措置を講じてまいります。
 

当該従業員の状況(12月23日(水)時点)


 

濃厚接触者

濃厚接触者については、保健所の指導のもと、現在調査中です。 
 

営業施設の状況

海老名SA(上り)は、休憩施設の消毒作業をおこない通常どおり営業しております。
 

その他

海老名SA(上り)をご利用されたお客さまで、発熱などの体調不良を起こされた方は、厚生労働省の「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」を参考に、お近くの帰国者・接触者相談センターにお申し出いただくようお願いいたします。

■厚生労働省 「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
※当該従業員・ご家族の人権尊重と個人情報保護に、ご理解とご配慮をお願いいたします。

  • ページの先頭へ戻る