NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


ニュースリリース

  • 八王子支社 サービス・キャンペーン プレスリリース

長野県大町市のご当地うどん「おざんざ」が産学連携で復活 ~E19 長野道 梓川SA(上り)などで2020年9月16日から販売開始~

中日本高速道路株式会社 八王子支社
国立大学法人信州大学
アルピコ交通株式会社

NEXCO中日本 八王子支社、国立大学法人信州大学およびアルピコ交通株式会社は、産学連携によって、かつて長野県大町市で親しまれていた「おざんざ」の復活に取り組んでまいりました。このたび、商品の開発に成功し、2020年9月16日からE19 長野自動車道 梓川サービスエリア(SA、上り)のレストランおよびショッピングコーナーなどで販売を開始することとなりましたので、お知らせいたします(販売場所は参考資料「商品概要 」に記載のとおり)。

「おざんざ」は大町市で生産されていたご当地うどんで、つなぎに納豆を使用する独特な製法で、つるりとしたのどごしと、ほんのり甘い上品な味わいが特徴でしたが、生産が困難になったことから、惜しまれつつも販売が終了していました。


梓川SA(上り)で提供する
「おざんざ信州づくし」

NEXCO中日本と信州大学は、地域の発展と人材の育成に寄与することを目的に、2019年7月に包括的連携協定を締結しています。この協定に基づき、地域の魅力を発信し観光振興と地域社会の活性化へとつながる活動として、梓川SA(上り)の店舗運営者であるアルピコ交通とともに、2020年2月に「おざんざ復活プロジェクト」を立ちあげました。プロジェクトには地元の食品会社など4社も加わり、販売戦略の検討、つけダレの味の調整、レストランでの食事提供をイメージした付け合わせの工夫などを話し合いました。こうした活動を経て、生産体制が整ったことから、このたび「おざんざ」の販売を開始することとなったものです。

プロジェクトの詳細、商品の特徴や販売価格などについては、参考資料をご覧ください。

このプロジェクトはNEXCO中日本グループと信州大学が包括的連携協定に基づき実施した初めての取組みです。
「おざんざ」という魅力ある商品の復活が、地域の観光・産業の振興および地域社会の活性化につながることを期待しています。

お問い合わせ先

・NEXCO中日本お客さまセンター (24時間365日対応)
TEL:0120-922-229 (フリーダイヤル)
TEL:052-223-0333 (フリーダイヤルがご利用になれないお客さま/通話料有料)
参考資料: 「おざんざ」復活プロジェクト
商品概要
リーフレット

  • ページの先頭へ戻る