NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


ニュースリリース

  • 本社 経営 プレスリリース

日本の高速道路会社で初めて!台湾のサービスエリア運営に参入 ~「和」をテーマにした飲食物販フロアが2020年1月18日にオープン~

中日本高速道路株式会社
中日本エクシス株式会社

NEXCO中日本と中日本エクシス株式会社は、台湾のフォルモサ高速公路(こうそくこうろ)3号(高速道路)にある清水(チンスイ)サービスエリア(SA)の運営に参入します。このエリアを運営する現地企業の新東陽股份有限公司(シントウヨウコフンユウゲンコウシ)と提携し、3階フロアを「和」をテーマにリニューアルして、2020年1月18日にオープンします。
海外のSA運営に参入するのは、日本の高速道路会社では初めてのことです。

台湾のSAの運営に参入する経緯

NEXCO中日本グループは、これまで国際交流の一環として、台湾の交通部高速公路局(公路局)などと、視察の受入れやSAでの販売による台湾農産物のPR支援、台湾での展示会参加など、継続的に交流をおこなってきました。
そうした中、中日本エクシスが公路局から清水SA 3階フロアの活性化について協力依頼を受け、日本食をテーマとしたプランを提案しました。そのプランに基づきリニューアル工事をおこなう新東陽股份有限公司から中日本エクシスにエリア運営への参入の打診があり、中日本エクシスは、これまでのエリアづくりのノウハウを活かせることや、日本と台湾の交流や連携を促進する場を創ることができることから、運営に参入することとなったものです。

台湾 清水SAでの店舗展開など

清水SAは台湾中部に位置し、全14カ所のSAの中で面積、売上ともに最大規模の施設です。そのSA内にある商業施設(3階建)の3階フロアに、2020年1月18日、アウトドアや和モダンをコンセプトに話題性の高い施設を展開する株式会社デジサーフのプロデュースにより、「和」をテーマにした飲食物販ブースを合計6店舗オープンします。
台湾には日本の回転寿司店や定食屋などもたくさんあり、日本食は多くの人たちから人気があることから、飲食ブース(5店舗)では、回転寿司、うどん、丼もの、ラーメンなどを取り揃えます。台湾初進出となるE1 東名高速道路 EXPASA海老名(上り)で人気の「らーめん大山(たいざん)」や、8年連続で関東生乳品質改善共励会最優秀賞を受賞した「いでぼく」の生乳を使用したソフトクリームなど、現地のお客さまに「和」を味わっていただくことのできるメニューを展開します。
物販ブース(1店舗)では、日本各地のお菓子や雑貨など、様々な商品を取り揃えます。また、フロア内のデジタルサイネージを使って、日本各地の魅力を映像で伝えます。

店舗展開

清水SAの3階フロアで「和」をテーマにした「食」と「文化」を発信し、台湾のお客さまに日本をより身近に感じていただく場を提供するとともに、日本と台湾の「ひと・もの・文化」をつなぐきっかけとなる空間を目指します。

オープニングセレモニー

リニューアルオープン当日の2020年1月18日にオープニングセレモニーを開催します。
あわせて、公路局と中日本エクシスは、台湾の清水SAと日本のE1A 新東名高速道路 清水(しみず)パーキングエリアが同じ表記であることから、情報交換や相互集客をおこなう姉妹提携協定を締結し、同セレモニーの中で締結式をおこないます。

台湾現地法人について

台湾での事業開始にあたり、現地に子会社を設立しております。

会社名:艾客思國際股份有限公司(アイクースーコクサイコフンユウゲンコウシ)(中日本エクシス100%子会社)
設立日:2019年10月24日
場所:台北市中山區南京東路一段86號5樓
社員数:4名
事業内容:SA運営、商品の輸入販売

お問い合わせ先

・NEXCO中日本お客さまセンター (24時間365日対応)
TEL:0120-922-229 (フリーダイヤル)
TEL:052-223-0333 (フリーダイヤルがご利用になれないお客さま/通話料有料)
参考資料: 台湾高速道路SAの概要

  • ページの先頭へ戻る