NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


ニュースリリース

  • 本社 開通・建設 プレスリリース

C3 東海環状自動車道 大野神戸IC~大垣西IC間 2019年12月14日(土)に開通します

国土交通省 中部地方整備局
中日本高速道路株式会社

C3 東海環状自動車道のインターチェンジ(IC)・パーキングエリア(PA)名称が決定

  • 大野・神戸IC(仮称)の名称が、"大野神戸(おおのごうど)IC"に決定
  • 高富IC(仮称)の名称が、"山県(やまがた)IC"に決定
  • 岐阜PA(仮称)の名称が、"岐阜三輪(ぎふみわ)PA"に決定

開通により期待されるストック効果※

企業立地の促進 屋井工業団地が立地する本巣市では、東海環状自動車道西回りの開通を見据え、企業立地が促進。製造業従業員数や有効求人倍率が増加しており、今回の開通により、更なる企業立地による地域活性化に期待
沿線市町の観光活性化 アクセス性の向上により、更なる観光客の増加と観光活性化に期待。
中京圏の発展 東海環状自動車道の全線着工後、沿線市町に工業団地が26箇所完成。
大野神戸IC周辺においても、開通を見越した工業団地の整備が進展。

※ストック効果:整備された社会資本が機能し継続的に発揮される、生産性向上などの効果のこと。

参考資料: 開通区間概要

  • ページの先頭へ戻る