NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


重要なお知らせ

【10/15(火)20時00分発表】台風19号に伴う通行止め区間および通行止め解除に向けたお知らせ
【10/14(月)21時30分発表】災害によるE20中央自動車道(八王子JCT~大月IC間)の通行止めおよび解除見込みのお知らせ

ニュースリリース

  • 名古屋支社 開通・建設 プレスリリース

新名神(三重県区間)・東海環状道(大安IC~東員IC)交通状況および開通効果 ~開通後半年経過・様々な効果が発現~

国土交通省中部地方整備局
中日本高速道路(株)名古屋支社
三重県
四日市市・鈴鹿市・亀山市
いなべ市・東員町・菰野町

新名神高速道路(新四日市JCT~亀山西JCT)、東海環状自動車道(大安IC~東員IC)が2019年3月17日(日)に開通しました。開通して半年が経過、8月の交通状況および、開通効果をとりまとめましたので、お知らせいたします。

交通状況(8月)

【別紙1】

東名阪道から新名神への交通転換が進展

開通効果

【別紙2】

三重県の観光活性化

1.渋滞を気にする必要がなくなり観光施設に約70分長く滞在!

2.東海環状道の開通で観光客が約1 割増加!

3.「新名神の開通が観光のきっかけ」になったと約9割が回答(WEB アンケート結果)

東名阪道の渋滞緩和により物流が効率化

4.渋滞緩和により三重県~愛知県間の自動車部品の輸送時間が短縮!

5.効率的な輸送が可能となり輸送コストが大幅削減!

新名神・東環開通効果検討会議では、新名神高速道路・東海環状自動車道などの開通効果について調査・検討をおこなっています。
同会議のホームページでは交通状況や開通効果などを適宜報告しています。

http://www.cbr.mlit.go.jp/hokusei/tsunagaruyan/index.html

参考資料: 【別紙1】開通後の交通状況(8月)
【別紙2】新名神沿線地域の観光需要が拡大

  • ページの先頭へ戻る