NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


ニュースリリース

  • 金沢支社 開通・建設 プレスリリース

E8 北陸自動車道 能美根上スマートICの利用状況と整備効果をお知らせします

能美根上スマートIC地区協議会

2019年8月7日に「第6回能美根上スマートIC地区協議会」を開催し、昨年3月25日に開通したE8 北陸自動車道能美根上スマートインターチェンジ(スマートIC)の利用状況と整備効果をとりまとめましたのでお知らせします。

スマートIC開通1年後の利用状況と主な整備効果

  • 1,790台/日が利用
    2019年2月末には累計60万台に到達
  • 高速道路へのアクセス性向上
    能美市内において、高速道路への10分以内に到達できる圏域が市人口の36%から66%に拡大
  • 産業の活性化を支援
    工業団地から高速道路への所要時間が短縮
  • 企業の集積と雇用創出を支援
    • スマートIC周辺エリアにおいて、企業進出や増設が進み、新規雇用数も増加
    • スマートIC隣接地に、能美市内初となるビジネスホテルが進出を表明

能美根上スマートIC

このほか詳しい整備効果については、能美市ホームページに掲載します。

※能美根上スマートIC地区協議会とは、スマートICの設置にあたり、ICの社会便益、ICおよび周辺道路の安全性、採算性、整備方法、管理・運営方法などを検討・調整するとともに、開通後も必要に応じてその社会便益・安全性・採算性・管理・運営形態などについて協議することを目的に設置され、協議会委員は、関係する地方公共団体、中日本高速道路株式会社、その他の関係機関などにより構成される。

参考資料: 能美根上スマートICの利用状況

  • ページの先頭へ戻る