1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 2018年 高速道路ドライブアドバイザーがお勧めする 東海地方の渋滞回避のポイント ~年末年始の交通混雑期間~

ニュースリリース

このページを印刷する

2018年11月27日

  • 名古屋支社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

2018年 高速道路ドライブアドバイザーがお勧めする 東海地方の渋滞回避のポイント ~年末年始の交通混雑期間~

NEXCO中日本 名古屋支社は、年末年始の交通混雑期間[2018年12月28日(金)~2019年1月6日(日)の10日間]における東海地方の高速道路で、高速道路ドライブアドバイザーがお勧めする渋滞を回避するポイントをまとめましたのでお知らせします。
お出かけを計画する際にぜひご参考にしてください。

渋滞回避のポイント

  • 1月2日~3日が渋滞の発生が多くなります。4日~6日のご利用がお勧めです。
    特に、5日と6日は比較的すいている路線が多くなります。
  • ルートによって混み具合が異なります。特に、大阪方面へお出かけの方は、E1 名神高速道路(E1 名神)のご利用もご検討ください。

[東海地方の主な渋滞予測]
年末:12月28日~31日、年始:1月1日~6日

[5km以上の渋滞予測件数]

※詳細な渋滞予測は渋滞予測ガイドや渋滞スイスイNAVI(新しいウィンドウを開きます。http://suisui-navi.jp)をご確認ください。

年末年始の渋滞の特徴 ~E23 東名阪道・E1A 新名神・E1A 伊勢湾岸道の渋滞にご注意ください~

  • [注意(1)]年末年始ともに E23 東名阪(上)鈴鹿IC付近を先頭とした渋滞が発生する予測です。E1A 新名神(上)からE23 東名阪道(上)へ流入した場合、鈴鹿IC付近を先頭として最大で約20km渋滞する予測となっています。
    また、E1A 新名神(上)亀山JCT付近は渋滞通過速度が約5km/hと非常に遅くなっています。
  • [注意(2)]年末の28日~30日に E23 東名阪(下)鈴鹿IC付近を先頭として、四日市JCTまで到達する渋滞が発生する予測です。E1A 伊勢湾岸道(下)からE23 東名阪道(下)へ流入した場合、鈴鹿IC付近を先頭として、最大で約30km渋滞する予測となっています。
  • [注意(3)]E23 東名阪道(下)は、28日3時~30日22時まで67時間連続で渋滞が発生する予測です。

お問い合わせ先

・NEXCO中日本お客さまセンター (24時間365日対応)
TEL:0120-922-229 (フリーダイヤル)
TEL:052-223-0333 (フリーダイヤルがご利用になれないお客さま/通話料有料)
参考資料: PDFファイル渋滞スイスイNAVIで渋滞回避ポイント
PDFファイル【参考】お出かけ方面別の渋滞回避のポイント