• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 新東名⾼速道路(浜松いなさJCT〜豊⽥東JCT)のストック効果

ニュースリリース

このページを印刷する

2016年08月05日

  • 名古屋支社
  • 開通・建設
  • プレスリリース

新東名⾼速道路(浜松いなさJCT〜豊⽥東JCT)のストック効果

国土交通省中部地方整備局
中日本高速道路株式会社名古屋支社
愛知県・浜松市・岡崎市
豊川市・豊田市・新城市

新東名高速道路(愛知県区間)の浜松いなさJCTから豊田東JCTまでの延長約55kmが、 2016年2月13日(土)に開通しました。開通後のストック効果※についてお知らせします。
※ストック効果:整備された社会資本が機能し継続的に発揮される、生産性向上等の効果

今年のお盆期間は、新東名・東名とも渋滞なくスムーズな通⾏が可能

  1. 並行する東名の渋滞が⼤幅減(渋滞回数が9割減)PDFファイル別紙1
  2. 長距離輸送を支援(新東名の貨物車の9割は長距離利用)PDFファイル別紙2
  3. 高速バスの定時性が向上(遅れ便数が3分の1に)PDFファイル別紙3
  4. 沿線地域の観光活性化に貢献(日帰り圏域が2.1倍に)PDFファイル別紙4
    (参考) 開通後の交通状況PDFファイル参考1~3

国土交通省中部地方整備局・中日本高速道路株式会社名古屋支社・愛知県・沿線市(浜松市・岡崎市・豊川市・豊田市・新城市)では、 「新東名(愛知県)開通効果検討会議」を設置し、新東名高速道路の開通効果について調査・検討をおこなっております。
また、同検討会議のホームページ( 新しいウィンドウを開きます。http://www.cbr.mlit.go.jp/road/shintomei)において交通状況や開通効果などを適時報告していきます。