• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. お盆期間の高速道路における渋滞予測について【中日本版】

ニュースリリース

このページを印刷する

2016年07月08日

  • 本社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

お盆期間の高速道路における渋滞予測について【中日本版】

中日本高速道路株式会社は、お盆期間[2016年8月6日(土)~8月16日(火)の11日間]の高速道路での交通集中による渋滞発生の傾向と、10km以上の渋滞が予測される場所や通過所要時間などをまとめました。
高速道路をご利用されるお客さまは、移動される日程をずらしたり、出発時間を渋滞が予想される時間帯の前後 にずらしたりしていただくなど、渋滞を避けたご利用をお願いします。また、高速道路上の思わぬ停止車両や人に 注意していただき安全走行にご協力をお願いします。

◆渋滞発生傾向と分散利用のお願い
8月11日(木)~16日(火)に渋滞が特に多く発生すると予測。
予測内容をもとに渋滞を回避するなど、分散利用を。
・出発前や利用中も最新の道路交通情報の活用を。

渋滞予測について

◆10km以上の渋滞が最も多く発生すると予測される日
[下り線] 8月12日(金)・14日(日)・15日(月)[上り線] 8月14日(日)

≪ピーク時10km以上の渋滞回数≫ 上下線の合計 177回

※渋滞予測は、過去のお盆や今年の年末年始、GWなどの交通混雑期等の交通状況を踏まえて予測したものですが、事故や天候などの 影響により実際の渋滞状況が予測と異なる可能性もございますので、出発前に最新の交通情報をご確認ください。

≪特に長い渋滞の発生予測≫

※上表以外のピーク時10km以上の渋滞が予測される場所は、PDFファイル別紙-1]をご確認ください。

≪参考≫昨年 お盆実績との比較

【2015.8.8(土)~2015.8.18(火):11日間(事故などの影響含む)】

※30km以上の渋滞を含む

参考資料: PDFファイルお客さまへの安全走行のお願い等
PDFファイル【別紙-1】お盆期間の高速道路におけるピーク渋滞長10km以上の渋滞予測
PDFファイル【別紙-2】混雑が予想される主な休憩施設
PDFファイル【別紙-3】道路交通情報のお問い合わせ先

重要なお知らせ

重要なお知らせ

  •  大雪のため、下記の高速道路の区間で通行止めが予想されています。

     

    【1月22日未明 ~ 23日朝】

    道路名 区間
    C4 首都圏中央連絡自動車道 相模原IC ~ あきる野IC
    E20・E19 中央自動車道 高井戸IC ~ 中津川IC
    E68 中央自動車道 大月JCT ~ 河口湖IC
    E68 東富士五湖道路 富士吉田IC ~ 須走IC
    E19 長野自動車道 岡谷JCT ~ 安曇野IC
    E52 中部横断自動車道 六郷IC ~ 双葉JCT
    E42 紀勢自動車道 勢和多気JCT ~ 紀勢大内山IC

     【1月22日夕方 ~23日朝】

    道路名 区間
    E1 東名高速道路 東京IC ~ 清水IC
    C4 首都圏中央連絡自動車道 茅ヶ崎JCT ~ 相模原IC
    E1A 新東名高速道路 御殿場JCT ~ 新静岡IC
    E52 新東名高速道路 清水連絡路 清水JCT ~ 新清水JCT
    E85 小田原厚木道路 全線

    やむを得ず高速道路をご利用される場合は、今後の気象予測や道路交通情報をご確認いただくとともに、冬用タイヤやタイヤチェーンの早めの装着をお願いします。
    ※ノーマルタイヤでの雪道走行は、法令違反です。

     

    今後の交通への影響
    当社では、降雪予測に基づき、高速道路での交通規制の見込みなど、交通への影響が想定される場合には、公式WEBサイトなどで情報を提供します。降雪区間では、安全確保のため、速度規制やチェーン規制が行われるとともに、降雪量が増えた場合は、通行止めの可能性もあります。

     

    【関連情報】
     ・雪道を走る前に知っておきたい情報はこちらから 冬の雪道ドライブガイド

     ・リアルタイムの路面状況・交通状況や気象予測はこちらから アイハイウェイ中日本