NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


ニュースリリース

  • 本社 その他 プレスリリース

東海環状自動車道の建設工事における設計図書不適合について

中日本高速道路株式会社名古屋支社が施行する東海環状自動車道(東海環状道)大野神戸インターチェンジ(IC)~糸貫IC(仮称)の建設工事において、工事受注者から施工済みの橋脚1基について、設計図書に対して柱の長さが不足(約0.7m)していると報告がありました。弊社で事実確認をおこなったところ、設計図書との不適合が判明しましたので、ご報告いたします。今後、受注者からの報告内容を審査したうえで、厳正に対処してまいります。
なお、今後このような事態が起こらないよう適切に工事管理を徹底し、再発防止に取り組んでまいります。

  1. 対象構造物:見延第二高架橋 橋脚1基
    (岐阜県本巣市見延)
  2. 判明日:2021年12月8日(受注者からの報告)
  3. 工事名:東海環状自動車道 見延第二高架橋他2橋
    (下部工)工事
  4. 受注者:TSUCHIYA株式会社

東海環状自動車道の建設工事における設計図書不適合について

  • ページの先頭へ戻る