NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


ニュースリリース

  • 名古屋支社 交通・規制 プレスリリース

E1 名神(一宮IC~一宮JCT)の渋滞対策の工事に着手します ~対策により渋滞緩和が期待されます~

中日本高速道路株式会社 名古屋支社は、E1 名神高速道路(名神)一宮インターチェンジ(IC)~一宮ジャンクション(JCT)で、朝夕の通勤時間帯を中心に慢性的な渋滞が発生していることから、現況の道路幅の中で4車線を6車線に変更する渋滞対策工事に着手します。この対策により、本区間の渋滞緩和が期待されます。
工事期間中は、夜間の車線規制や路肩の固定規制により、路肩幅が一部狭くなる区間があります。お客さまへのご迷惑を最小限にするように取り組んでまいりますので、工事へのご理解とご協力をお願いいたします。
今後、交通規制をおこないながら工事を実施するため、6車線の運用開始時期につきましては、あらためてお知らせいたします。
なお、交通規制情報については、当社公式WEBサイトなどでご確認いただきますようお願いいたします。

渋滞対策箇所と現況

対策箇所
名神 一宮IC~一宮JCT(上下線)約2.7km

位置図位置図

 

対策箇所の現況
本区間は1日約9万台(2019年実績)の交通量があり、朝夕の通勤時間帯や交通混雑期を中心に激しい渋滞が年間約1,400回(2019年実績)発生しています。これまで、ファスナー合流※などの渋滞対策により、渋滞は緩和しているものの、引き続き渋滞が発生している状況です。
※ファスナー合流:規則正しく1台ずつ交互に(ファスナーのように)合流すること
一宮IC付近の渋滞状況
一宮IC付近の渋滞状況

渋滞対策の概要

事業内容
名神 一宮IC~一宮JCTのさらなる渋滞対策として、現況の道路幅は変更せず、車線幅や路肩幅を変更し、4車線を6車線に改良します。

  • 車線数を6車線(片側3車線)にすることにより、1車線の幅(幅員)が3.60mから3.25mとなります。
  • 路肩の幅が現在より狭くなるため、緊急時に車両が停車できるよう非常駐車帯を設置します。
    この渋滞対策により、本区間の渋滞緩和が期待されます。なお、同様の渋滞対策を実施したE1 東名高速道路 音羽蒲郡IC~豊田JCT間では、交通集中による渋滞回数が対策前と比較して約9割削減されており、本区間においても大幅な渋滞削減効果が期待されます。

高速道路上での作業開始予定時期
2022年1月下旬~

標準横断図(橋梁部)

標準横断図(橋梁部)

交通規制に関するお願い

工事期間中は、名神 一宮IC~一宮JCTで長期間にわたり夜間車線規制や固定規制を伴う工事を実施いたします。なお、固定規制は、路肩部分に仮設防護柵を連続して設置するため、路肩幅が縮小しますので、走行の際はご注意ください。
仮設防護柵設置による固定規制イメージ
仮設防護柵設置による固定規制イメージ

お問い合わせ先

・NEXCO中日本お客さまセンター (24時間365日対応)
TEL:0120-922-229 (フリーダイヤル)
TEL:052-223-0333 (フリーダイヤルがご利用になれないお客さま/通話料有料)
  • ページの先頭へ戻る