NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


重要なお知らせ

9月26日まで休日割引が適用されません

ニュースリリース

  • 本社 安全への取り組み プレスリリース

高速道路の交通管理隊員の育成を目的に、路上での業務の危険性を疑似体験できるVRコンテンツ「ViRSE」を開発しました

中日本高速道路株式会社
中日本ハイウェイ・パトロール名古屋株式会社

NEXCO中日本と、グループ会社である中日本ハイウェイ・パトロール名古屋株式会社は、高速道路上で危険と隣り合わせの業務に従事する交通管理隊員のスピード感・緊張感を要する現場スキルの育成や安全意識の向上などを目的に、VRコンテンツ「ViRSE(バース)」を開発しましたので、お知らせします。

開発の背景と目的

交通管理隊員の業務は、事故や故障車の発生場所にいち早く駆けつけ、高速で走行する車両の近くで安全を確保しながら交通規制や事故処理などをおこなう業務です。
このような業務を安全かつ円滑に遂行するため、高速道路外のフィールドや机上での交通規制や事故処理を想定した訓練をとおして、交通管理隊員としてのスキルアップに努めています(写真1)。
しかし、特に経験の浅い隊員は、このような訓練では、実際の現場でしか感じられない危険性、緊張感やスピード感を実感しにくい状況にありました。

写真1 高速道路外での想定訓練
写真1 高速道路外での想定訓練

そこで、危険性やスピード感などを視覚から体感することを目的としたVRコンテンツの開発を進めてきました(写真2・3)。
今回開発したVRコンテンツ「ViRSE」には、高速道路をご利用になるお客さまなどにも、高速道路などで発生しているさまざまな交通トラブルのシチュエーション(逆走、あおり運転やながら運転など)を疑似体験できるコンテンツも搭載しています。

写真2 VRの機器本体
写真2 VRの機器本体

写真3 VRによる疑似訓練の様子
写真3 VRによる疑似訓練の様子

本製品の機能

本製品には、交通管理隊員の業務を想定した訓練のほか、高速道路などで発生する各種交通トラブルに遭遇した場合の疑似体験ができる機能が備わっています。
〈交通管理隊員の訓練機能〉
○車線規制の作業時に進入車両がある場合の避難体験(写真4)
○渋滞時での後続車両からの追突事故の体験
○落下物処理の際の通過車両体験

写真4 進入車両に対する避難体験
写真4 進入車両に対する避難体験

〈交通トラブルの疑似体験機能〉
○おあり運転車両に遭遇した場合
○逆走車両に遭遇した場合(写真5)
○ながら運転をおこなった場合(写真6)
○高速道路上で車両が故障した場合

※実際の高速道路の映像を使用し360度の立体的な空間による現場の臨場感を実現。
※実際にトラブルが発生した場合に、適切に対応できるようにする[ロールプレイング]機能を搭載(写真7)。

写真5 逆走車両に遭遇した場合の危険体験
写真5 逆走車両に遭遇した場合の危険体験

写真6 ながら運転をおこなった場合の危険体験
写真6 ながら運転をおこなった場合の危険体験

写真7 ロールプレイング機能
写真7 ロールプレイング機能

今後の展開

このVRコンテンツ「ViRSE」は、当社グループ内での社員研修などに活用するほか、車を運転される方々に、「逆走車両との遭遇」や「ながら運転の危険性」などの疑似体験をとおして危険性の認知や感度を高めていただけるよう、安全運転講習などの機会に活用し、安全意識の向上に貢献してまいります。

お問い合わせ先

・NEXCO中日本お客さまセンター (24時間365日対応)
TEL:0120-922-229 (フリーダイヤル)
TEL:052-223-0333 (フリーダイヤルがご利用になれないお客さま/通話料有料)
  • ページの先頭へ戻る