NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


重要なお知らせ

東京2020大会開催時の交通規制に伴うご注意および東京圏の交通状況について
8月29日まで休日割引が適用されません

ニュースリリース

  • 本社 安全への取り組み プレスリリース

除雪車両のオペレーターを育成する「車両操作シミュレーター」を開発しました

中日本高速道路株式会社
中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋株式会社

NEXCO中日本は、グループ会社である中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋株式会社および株式会社フォーラムエイトと共同で、高速道路上の除雪車両のオペレーターの育成を目的とした「車両操作シミュレーター」(写真1)を開発しましたので、お知らせします。
なお、本製品の開発は当社が推進する「i-MOVEMENT」の取組みの一環で、その戦術の一つである「雪氷作業の機械化による省力化」につながる技術です。

写真1 車両操作シミュレーター

開発の背景と目的

当社グループでは、雪氷作業に不可欠な除雪車両のオペレーターの高齢化や労働人口の減少に伴う担い手不足などに備え、新規オペレーターの育成が急務となっています。
高速道路の除雪は、写真2に示すように車道全体を1回で除雪するため、複数の除雪車両による「梯団除雪」を基本としています。除雪車両のオペレーターは、車両を運転しながら除雪車両の前面に装備しているスノープラウの操作を同時におこない(写真3)、車道に極力雪を残さない高度な運転技能が求められていますが、実車両による技能を習得する機会が少ないことが課題でした。そこで今般、実車両に近い状態で除雪車両のオペレーションの訓練をおこなえる、除雪車両のコックピットを再現した「車両操作シミュレーター」を開発しました。

写真2 車両3台による梯団除雪の様子

写真3 運転と同時におこなう操作

写真4 除雪車両

本製品の特徴

製品は、以下のような機能を備え、除雪車両のオペレーションの訓練をより実車両に近い感覚で、冬期以外の期間でも習得することができます。

備えている主な機能
  • 実際の高速道路環境(橋梁・トンネル・料金所などの施設や道路のカーブ・勾配など)を再現
  • 除雪時の振動を運転席で体感できる機能
  • 操作情報や走行情報などを保存し、訓練後に車両走行や除雪状況を再生するリプレイ機能
  • 3台までのシミュレーターによる梯団除雪を想定した連携訓練が可能
  • オペレーターが1人で訓練する場合でも他の梯団除雪車両の操作を自動的におこなう自動運転機能
  • 訓練結果に対して5段階評価をおこなう機能

図1 シミュレーターの映像イメージ

本製品の効果

特殊な気象条件下での慣熟訓練や、季節や時間帯を問わず訓練をおこなうことができるほか、訓練結果を5段階で評価するなどの機能により、運転技能の早期向上が期待されます。

今後の展開

当社グループでは、今冬期からメンテ名古屋の彦根基地(E1 名神高速道路 関ヶ原IC~八日市IC、E8 北陸自動車道 木之本IC~米原JCTの除雪を担当)に本製品を導入し、オペレーター未経験の方や経験年数が浅い方を中心に訓練を開始する予定です。今後、シミュレーターの実用性などを検証し、他の雪氷基地への導入を検討します。

i-MOVEMENT(アイ・ムーブメント)とは

i-MOVEMENTは、最先端のICT技術・ロボティクス技術の導入により、人口減少などの高速道路を取り巻く環境の激変に対応しつつ、高速道路モビリティの進化を目指すNEXCO中日本の活動(ムーブメント)を表しています。
innovative -Maintenance & Operation for Vital-Expressway Management with Efficient "Next generation" Technology
(次世代技術を活用した革新的な高速道路保全マネジメント)

お問い合わせ先

・NEXCO中日本お客さまセンター (24時間365日対応)
TEL:0120-922-229 (フリーダイヤル)
TEL:052-223-0333 (フリーダイヤルがご利用になれないお客さま/通話料有料)
  • ページの先頭へ戻る