NEXCO 中日本 中日本高速道路株式会社


ニュースリリース

  • 本社 経営 プレスリリース

NEXCO中日本・地域創生プロジェクト 『北陸ジェネレーション』を始動します

NEXCO中日本は、高速道路会社として、これまでの“交流人口” の増加を目的とする観光主体の取り組み(「ドライブプラン」の発売、観光情報誌の発行など)から一歩進んで、産業・産地に焦点を当てることにより、地域にとっての最終的な目標である“定住人口の維持”や“移住の促進”に貢献していく新たな地域連携プロジェクト『北陸ジェネレーション』を開始します。

実施概要

『北陸ジェネレーション』は、北陸の各産業(農林水産業、伝統工芸、地場産業など)で活躍する“若手”、特に都会からの移住者やUターン者を中心とした人たちを、北陸の次世代を担う『北陸ジェネレーター』として取り上げ、高速道路会社ができること(産地の商品・製品を「(1)知ってもらう」「(2)買ってもらう・食べてもらう」、産地に(3)「来てもらう」)を総合的に推進する地域創生の取り組みです。

(1)「知ってもらう」
  • 各地域の“産地・産業”で活躍する 『北陸ジェネレーター』 を紹介する冊子 『北陸ジェネレーション』 を、毎年3回(富山・石川・福井 各県ごと※)発行し、サービスエリア・パーキングエリアのほか市中の観光拠点で配布します
    ※産地などをベースに、各県をいくつかのブロックに区分けしてきめ細かく取り上げます
  • また、産地の商品・製品に関わる人だけでなく、産地で後継者不足問題に取り組んでいる人、地域で移住促進活動に取り組んでいる人などについても、紹介していきます
(2)「買ってもらう・食べてもらう」
  • サービスエリア内の店舗や市中商業施設内の店舗で、産地の商品・製品を逐次、展示・販売します
  • オンラインショップでも販売します【今後予定】
  • サービスエリアのフードコートなどで地元の特産物を使ったスイーツや飲み物を楽しんでいただけます【今後予定】
(3)「来てもらう」
  • 紹介した産地を楽しんでいただけるドライブプランを企画します【今後予定】


(創刊号『あんやと、南加賀』)

冊子配布箇所

当初開始分は次のとおりです。順次拡大していきます。

道路名 サービスエリア名
E8 北陸自動車道 有磯海SA(上り・下り)、小矢部川SA(上り・下り)、
尼御前SA(上り・下り)、南条SA(上り・下り)
E20 中央自動車道 談合坂SA(下り)
E1 東名高速道路 海老名SA(上り)、足柄SA(上り・下り)
E1A 新東名高速道路 清水PA(集約)、浜松SA(上り・下り)、岡崎SA(集約)

商品展示・販売箇所

当初開始分は次のとおりです。順次拡大していきます。

(1)サービスエリア内の店舗

  • 浜松SA(下り)「N Drive」
    ※他のサービスエリアでも販売コーナーを設けていく予定です。

(2)市中商業施設内の店舗

  • 香林坊東急スクエア1階「N Drive」(石川県金沢市)
  • 静岡マルイ1階「N Drive SHOP」(静岡県静岡市)
    ※両店舗でも冊子『北陸ジェネレーション』を配布しております。
参考資料: 『北陸ジェネレーション』 実施イメージ

  • ページの先頭へ戻る