• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用

高速道路における大規模更新・大規模修繕計画(概略)

このページをお気に入りに追加

高速道路における大規模更新・大規模修繕計画(概略)(平成26年1月22日)

東日本・中日本・西日本高速道路株式会社(以下、NEXCO3会社と言う。)は、高速道路ネットワークの機能を永続的に活用していくことを目指し、高速道路本体の構造物に関する大規模更新、大規模修繕の必要性やその対策について「高速道路資産の長期保全及び更新のあり方に関する技術検討委員会」を平成24年11月に設置し、検討を進めてきました。

NEXCO3会社が管理する高速道路は、昭和38年の名神高速道路・栗東~尼崎間の開通から50年を経た現在、延長約9,000kmに達しています。そのうち、供用から30年以上経過した延長が約4割(約3,700km)を占めるなど、老朽化の進展とともに厳しい使用環境にさらされていることによる変状の増加や新たな変状の発生などが顕在化してきており、早期に大規模更新、大規模修繕に取り組んでいく必要があります。

NEXCO3会社は、長期保全等検討委員会での検討を踏まえ、平成26年1月に高速道路の大規模更新・大規模修繕計画(概略)について策定しました。

新しいウィンドウを開きます。高速道路の大規模更新・大規模修繕計画(概略)