1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 地域道路ネットワークの確保に向けて、高速道路の雪氷対策を強化します ~大型車は「冬用タイヤ装着」+「タイヤチェーン携行」をお願いします~

ニュースリリース

このページを印刷する

2018年11月02日

  • 金沢支社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

地域道路ネットワークの確保に向けて、高速道路の雪氷対策を強化します ~大型車は「冬用タイヤ装着」+「タイヤチェーン携行」をお願いします~

NEXCO中日本 金沢支社は、冬期間の安全な交通確保を目指し、E8 北陸自動車道(E8 北陸道)、E41 東海北陸自動車道(E41 東海北陸道)およびE27 舞鶴若狭自動車道(E27 舞鶴若狭道)において、各県の高速道路交通警察隊や道路管理者および関係機関と連携し、2018年11月10日(土)から2019年4月15日(月)までの間、24時間体制の雪氷対策を開始します。

特に、今期の雪氷対策では、過去に自力走行不能車両が発生した箇所のハード・ソフト対策を強化します。また、今年1月、2月のような大雪が予想される場合は、一般道などの道路管理者と連携した地域道路ネットワークの確保に努めるとともに、予防的な通行規制による集中除雪をおこなうことで通行止め時間の最小化を図ります。

ハード対策

(1)定置式溶液散布装置の増設
(2)監視カメラの増設
(3)救援車両の事前配備の増強
(4)3日前の気象予測に基づく応援体制の再構築

ソフト対策

(5)地域道路ネットワークの確保に向けた国・県等と一体となったタイムラインに基づく戦略的な除雪作業の実施
(6)予防的な通行規制による集中除雪での通行止め時間の最小化
(7)大雪予測時における事前広域広報の強化
(8)冬用タイヤ規制の徹底

なお、積雪路面において、冬用タイヤを装着していても立ち往生する事象が発生しております。
事前に気象予測や道路情報をご確認いただくとともに、特に大型車のお客さまは、冬用タイヤの装着に加えて、必ずタイヤチェーンを携行いただくようお願いします。

参考資料: PDFファイル【別紙】高速道路の雪氷対策