• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 長野県内で初めて高速道路ナンバリング標識を設置します。

ニュースリリース

このページを印刷する

2017年09月22日

  • 名古屋支社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

長野県内で初めて高速道路ナンバリング標識を設置します。

中日本高速道路株式会社名古屋支社
伊那市

NEXCO中日本名古屋支社と伊那市は、2017年9月30日(土)15時開通予定のE19 中央自動車道(E19 中央道)小黒川スマートインターチェンジ(IC)の整備にともない、長野県内で初めて高速道路ナンバリング標識を設置します。
高速道路ナンバリングとは、整備が進む我が国の高速道路ネットワークにおいて、路線名に併せて路線番号を用いて、訪日外国人をはじめ、すべての利用者にわかりやすい道案内を実現するものです。今後は、順次ナンバリング標識への対応をおこなってまいります。

設置個所

・中央道(上り線)駒ヶ根IC~伊那IC間: 1個所
・伊那市とその周辺の市街地: 17個所

ナンバリングの事例

・高速道路本線標識

※高速道路ナンバリングのE19は中央道(小牧-岡谷)および長野自動車道を、E20は中央道(高井戸-岡谷)を表します。

・市街地標識の事例は、別添資料(高速道路ナンバリング)を参照ください。

参考資料: PDFファイル高速道路ナンバリング

重要なお知らせ

重要なお知らせ