• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 新東名高速道路(浜松いなさJCT~豊田東JCT)のストック効果

ニュースリリース

このページを印刷する

2017年02月10日

  • 名古屋支社
  • 開通・建設
  • プレスリリース

新東名高速道路(浜松いなさJCT~豊田東JCT)のストック効果

国土交通省中部地方整備局
中日本高速道路株式会社名古屋支社
愛知県・浜松市・岡崎市
豊川市・豊田市・新城市

新東名高速道路(愛知県区間)の浜松いなさJCTから豊田東JCTまでの延長約55kmが、2016年2月13日(土)に開通しました。開通後概ね1年のストック効果※についてお知らせします。
※ストック効果:整備された社会資本が機能し継続的に発揮される、生産性向上等の効果

開通まもなく1年、日本の生産性向上に大きく貢献

  1. 東名・新東名の渋滞が約9割減少PDFファイル別紙1
  2. 東名・新東名のトラックドライバーの生産性が15%向上
    ⇒所要時間年間約200万時間短縮PDFファイル別紙2
  3. 自動車部品の輸送(愛知~関東)では定時性が向上PDFファイル別紙3
  4. 約5年間で、沿線に223件の工場が立地PDFファイル別紙4
  5. 東名通行止め発生時に、新東名が迂回路としての機能PDFファイル別紙5
  6. 静岡県から岐⾩県下呂市への観光客数が増加PDFファイル別紙6
    (参考)開通後の交通状況PDFファイル参考1~3

国土交通省中部地方整備局・中日本高速道路株式会社名古屋支社・愛知県・沿線市(浜松市・岡崎市・豊川市・豊田市・新城市)では、「新東名(愛知県)開通効果検討会議」を設置し、新東名高速道路の開通効果について調査・検討をおこなっております。
また、同検討会議のホームページ(新しいウィンドウを開きます。http://www.cbr.mlit.go.jp/road/shintomei)において交通状況や開通効果などを適時報告していきます。

重要なお知らせ

重要なお知らせ

  •  大雪のため、下記の高速道路の区間で通行止めが予想されています。

     

    【1月22日未明 ~ 23日朝】

    道路名 区間
    C4 首都圏中央連絡自動車道 相模原IC ~ あきる野IC
    E20・E19 中央自動車道 高井戸IC ~ 中津川IC
    E68 中央自動車道 大月JCT ~ 河口湖IC
    E68 東富士五湖道路 富士吉田IC ~ 須走IC
    E19 長野自動車道 岡谷JCT ~ 安曇野IC
    E52 中部横断自動車道 六郷IC ~ 双葉JCT
    E42 紀勢自動車道 勢和多気JCT ~ 紀勢大内山IC

     【1月22日夕方 ~23日朝】

    道路名 区間
    E1 東名高速道路 東京IC ~ 清水IC
    C4 首都圏中央連絡自動車道 茅ヶ崎JCT ~ 相模原IC
    E1A 新東名高速道路 御殿場JCT ~ 新静岡IC
    E52 新東名高速道路 清水連絡路 清水JCT ~ 新清水JCT
    E85 小田原厚木道路 全線

    やむを得ず高速道路をご利用される場合は、今後の気象予測や道路交通情報をご確認いただくとともに、冬用タイヤやタイヤチェーンの早めの装着をお願いします。
    ※ノーマルタイヤでの雪道走行は、法令違反です。

     

    今後の交通への影響
    当社では、降雪予測に基づき、高速道路での交通規制の見込みなど、交通への影響が想定される場合には、公式WEBサイトなどで情報を提供します。降雪区間では、安全確保のため、速度規制やチェーン規制が行われるとともに、降雪量が増えた場合は、通行止めの可能性もあります。

     

    【関連情報】
     ・雪道を走る前に知っておきたい情報はこちらから 冬の雪道ドライブガイド

     ・リアルタイムの路面状況・交通状況や気象予測はこちらから アイハイウェイ中日本