1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. お盆期間の高速道路における渋滞予測について【北陸版】

ニュースリリース

このページを印刷する

2016年07月08日

  • 金沢支社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

お盆期間の高速道路における渋滞予測について【北陸版】

中日本高速道路株式会社金沢支社は、お盆期間[2016年8月6日(土)~8月16日(火)の11日間]の高速道路「北陸道:木之本IC~朝日IC」「東海北陸道:白川郷IC~小矢部砺波JCT」「舞鶴若狭道:小浜IC~敦賀JCT」における交通集中による渋滞予測をとりまとめました。
予測内容をもとに移動される日や時間帯をずらしていただくなど、渋滞を避けたご利用をお願いします。

※事故や故障などにより高速道路上で停止した場合は、三角停止板など設置して後続車に知らせるとともに、トンネル内で停車する場合は非常駐車帯や避難通路に、本線で停車する場合はガードレールの外など安全な場所に避難してください。長時間、長距離を運転する際や眠気を感じた場合は、早めの休憩をとり、安全運転をお願いします。

渋滞予測

北陸地方においては、8月11日(木)~8月16日(火)の交通量が増加
5km以上の渋滞は7回予測

【予測される5km以上の渋滞】

【渋滞発生が予測される箇所および混雑が予測される休憩施設 位置図】

IC:インターチェンジ PA:パーキングエリア SA:サービスエリア JCT:ジャンクション TN:トンネル

※掲載している渋滞および交通量は過去の実績・曜日・天候等を参考にして予測をしています。交通事故やイベント等の影響により、掲載している予測と異なる渋滞・混雑が発生する可能性もありますので、お出かけの際やご旅行中は、アイハイウェイなどの交通情報をご確認いただき、ルートの検討にお役立てください。

参考資料: PDFファイル渋滞緩和に向けたお願い等
PDFファイル路線別予測交通量