技術提案の募集

このページをお気に入りに追加

2019年2月7日更新

NEXCO中日本は、安全・快適を高める技術開発を推進し、最も安全な高速道路の実現を目指します。
実現に向け、大学・企業の皆さまが保有している技術を積極的に活用し、技術開発を推進しております。

1. 技術提案の募集

大学・企業の皆さまが保有している技術を積極的に活用していくため、特に以下のテーマの新技術・新工法などの情報やご提案を募集します。

テーマ

  • ●ライフサイクルコストの低減や品質確保につながる高速道路リニューアルプロジェクト技術
  • ●点検の高度化
  • ●ICTの高度活用による交通安全支援、交通渋滞緩和技術
  • ●自動運転を普及するための道路側での支援技術
  • ●構造物の安全性向上につながる技術
  • ●現場作業の安全につながる技術

募集内容の詳細はこちらをご確認ください。 [技術提案の募集(応募方法)]Wordファイル

2. CCTVカメラを用いた交通映像解析技術の技術提案の募集

CCTVカメラを用いた交通映像解析技術を募集します。

高速道路には、交通事故や渋滞など交通状況を速やかに把握するため、CCTVカメラを設置していますが、カメラ台数の増加に伴い、監視員が常時画像を監視し、交通事故などを自ら発見することが困難となってきています。そのため、これまで自動で交通事故などを発見する技術を導入してきましたが、太陽光の照射や影などの環境要因に影響を受けて検知率が低くなってしまうことや、通常のズーム・旋回式のカメラに加えて光景(画角)を固定した専用カメラを別途設置しなければならず、コストが増加するなどの課題があり、これらの課題を解決する技術を募集するものです。
ご応募いただいた技術に対して、技術提案書をもとに評価し、実際の高速道路映像を用いた試験などを通じて検知精度や実用性などを確認していきます。なお、選定結果については、応募者に対して通知いたします。

■ 具体的に求める技術

ズーム・旋回が可能なカメラによって
・画角を自動で認識し、交通事故などを発見する技術
・照明が設置されていない場所で、夜間でも交通事故などを発見する技術

■ 募集の概要

募集期間:2019年2月7日(木)~2019年3月15日(金)(当日消印有効)
試験期間:試験の開始(2019年4月(予定))から概ね5ヵ月程度

■ 公募要項について

3. 共同研究に関する新技術等の情報提供の募集

大学・企業の皆さまが保有している技術を積極的に活用していくため、特に以下のテーマの新技術・新工法などの情報を募集します。

テーマ

1. 2019年1月9日(水)より、新技術・新工法などの情報提供の募集を開始しました。
応募期間は、2019年1月31日(木)までとさせて頂きます。(募集は終了しました。)

●立体表示等を活用した規制器材について

●衝突被害軽減ブレーキ搭載車両等にも有効な規制器材について

4. 共同研究・開発者の募集

現在、募集はありません。

5. 技術製品に関する情報提供の募集

大学・企業の皆様が保有している技術製品を積極的に活用していくため、特に以下のテーマの技術製品に関する情報を募集します。

テーマ

●トンネル内での使用を想定した長寿命、かつ、高耐久性能を有するケーブルラック本体と支持部材

1. 2019年1月8日(火)より、技術製品に関する情報提供の募集を開始しました。
応募期間は、2019年1月18日(金)までとさせて頂きます。(募集は終了しました。)