技術提案の募集

このページをお気に入りに追加

2018年11月21日更新

NEXCO中日本は、安全・快適を高める技術開発を推進し、最も安全な高速道路の実現を目指します。
実現に向け、大学・企業の皆さまが保有している技術を積極的に活用し、技術開発を推進しております。

1. 技術提案の募集

大学・企業の皆さまが保有している技術を積極的に活用していくため、特に以下のテーマの新技術・新工法などの情報やご提案を募集します。

テーマ

  • ●ライフサイクルコストの低減や品質確保につながる高速道路リニューアルプロジェクト技術
  • ●点検の高度化
  • ●ICTの高度活用による交通安全支援、交通渋滞緩和技術
  • ●自動運転を普及するための道路側での支援技術
  • ●構造物の安全性向上につながる技術
  • ●現場作業の安全につながる技術

募集内容の詳細はこちらをご確認ください。 [技術提案の募集(応募方法)]Wordファイル

2. 試験施工を前提とした新技術・新工法および既存技術・エ法の技術提案の募集

大学・企業の皆さまが保有している技術を積極的に活用しています。今回は、既に開発・実用化されている以下のテーマの技術を募集します。
今回の募集の背景としては、橋梁の劣化の原因の一つとして、桁端部からの漏水があげられます。これまで、当社では、各種対策を実施してきているところですが、調査・補修をおこなうに当たり、路面上からでは交通規制が伴うことや、床版下からでは桁端部の間隔が狭く作業が困難になるなどの制約があり、更なる効果的・効率的な対策が必要となっているところです。
桁端部における調査·補修については、既に数多くの技術・エ法が存在していますが、それらの要求性能や評価方法等が確立されていないのが現状です。そのため、応募された技術(止水·導水・耐久性向上・調査補修等)に対し、ヒアリング等を踏まえたうえで評価し、試験施工等を通じて、施工性や耐久性等の確認をおこなう技術を選定いたします。
なお、選定した技術については、応募者に対して通知いたします。

テーマ

2018年11月21日(水)より、新技術・新工法および既存技術・エ法の技術提案の募集を開始しました。
応募期間は、2018年12月20日(木)までとさせていただきます。

●伸縮装置からの漏水に対する調査・補修技術
(例として、止水や導水をおこなう技術、桁端部の耐久性を向上させる技術や調査補修する技術など 詳細は、下記のファイルをご覧ください)

3. 共同研究に関する新技術等の情報提供の募集

大学・企業の皆さまが保有している技術を積極的に活用していくため、特に以下のテーマの新技術・新工法などの情報を募集します。

テーマ

1. 2018年11月5日(月)より、新技術・新工法などの情報提供の募集を開始しました。
応募期間は、2018年12月4日(火)までとさせて頂きます。(募集は終了しました。)

●更新床版の更なる高耐久化に関する技術

テーマの詳細はこちらをご確認ください。 PDFファイル[共同研究に関する新技術等の情報提供の募集]PDFファイル
応募方法の詳細はこちらをご確認ください。 [技術提案の募集(応募方法)]Wordファイル

2. 2018年11月12日(月)より、新技術・新工法などの情報提供の募集を開始しました。
応募期間は、2018年12月11日(火)までとさせて頂きます。

●舗装のポットホール発生を予測する技術

テーマの詳細はこちらをご確認ください。 PDFファイル[共同研究に関する新技術等の情報提供の募集]PDFファイル
応募方法の詳細はこちらをご確認ください。 [技術提案の募集(応募方法)]Wordファイル

4. 共同研究・開発者の募集

現在、募集はありません。

5. 技術製品に関する情報提供の募集

現在、募集はありません。