1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 2018年 高速道路ドライブアドバイザーがおすすめする渋滞回避のポイント ~夏季交通混雑期間~(東海地方版)

ニュースリリース

このページを印刷する

2018年07月25日

  • 名古屋支社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

2018年 高速道路ドライブアドバイザーがおすすめする渋滞回避のポイント ~夏季交通混雑期間~(東海地方版)

NEXCO中日本 名古屋支社は、夏季交通混雑期間[2018年8月8日(水)~8月19日(日)の12日間]における東海地方の高速道路で、高速道路ドライブアドバイザーがおすすめする渋滞を回避するポイントをまとめましたのでお知らせします。
お出かけを計画する際にぜひご活用ください。

渋滞回避のポイント

  • お出かけする方面で渋滞予測の傾向が異なるため、渋滞を回避するポイントが異なります。
  • 渋滞にはまらない時間帯を探すために、渋滞スイスイNAVIをご活用ください。

<8月8日(水)~8月19日(日)の東海地方の高速道路の渋滞予測(20km以上)>

※詳細な渋滞予測は渋滞予測ガイドや新しいウィンドウを開きます。渋滞スイスイNAVIをご確認ください。

お出かけ方面別の渋滞回避のポイント

(1)【京都・大阪方面】へお出かけの渋滞回避ポイント

上り線
京都・大阪方面からお戻りの際は、13日以降で大きな渋滞が予測されています。
ただし、名神と新名神で違う「渋滞を通過する速度」にご注意ください。
新名神は最大15kmで通過に約3時間かかる予測です。名神の利用もご検討ください。[POINT1]

下り線
10日~13日に京都・大阪方面へお出かけの際は、20km以上の渋滞が予測されています。
東名阪は10日3時から渋滞がはじまり、13日24時までほぼ渋滞が途切れません。[POINT2]
一方、名神は夕方以降に渋滞は小さくなるため、夕方以降の名神の走行がおすすめです。

(2)【岐阜・長野方面】へお出かけの渋滞回避ポイント

中央道上り線、東海北陸道下り線
岐阜・長野方面へお出かけする際は11日~14日に大きな渋滞が予測されています。
特に8月13日に中央道で30kmの渋滞が予測されており、通過に1時間以上かかります。[POINT3]
中央道は午前中にのみ渋滞が予測されているので、午後の走行がおすすめです。

中央道下り線、東海北陸道下り線
岐阜・長野方面からお戻りの際は、14日に20km以上、13日~19日では10km以上の渋滞が予測されています。渋滞は午後に予測されているので、午前中の走行がおすすめです。

(3)【静岡方面】へお出かけの渋滞回避ポイント

上り線
静岡方面へお出かけする際は、新東名をご利用ください。

下り線
11日~13日に静岡方面からお戻りの際は、新東名も渋滞を予測しています。
新東名は、夕方のみ渋滞する予測のため、午前中の走行がおすすめです。

※ETC休日割引(地方部)の適用日:8/9(木)、8/10(金)、8/18(土)、8/19(日)
(8/11(土)、8/12(日)は適用対象外となりますのでご注意ください)

渋滞スイスイNAVIで渋滞回避ポイント・穴場の時間をチェック

ゴールデンウィークに約7万人の方にご利用いただいた渋滞スイスイNAVIを夏季交通混雑期にも開設します。渋滞回避ポイントを動画で解説する「渋滞スイスイTV」、渋滞予測がひと目でわかる「渋滞スイスイレーダー」など、ドライブの計画に役立つ情報が満載です。
特に「渋滞スイスイレーダー」では、渋滞予測のない穴場の時間を探すことができますので、ぜひご活用ください。

PC版

スマートフォン版