1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 車両制限令違反に係る違反点数の誤通知の発生について

ニュースリリース

このページを印刷する

2018年06月12日

  • 本社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

車両制限令違反に係る違反点数の誤通知の発生について

西日本高速道路株式会社
東日本高速道路株式会社
中日本高速道路株式会社

西日本高速道路株式会社は、車両制限令違反に係る違反点数の通知において、車両制限令違反をおこなっていない会社(京都市)が違反をおこなっていると誤認識し、同社が所属する事業協同組合に対して違反点数を誤通知していたことが判明しました。
この事象を踏まえ、西日本高速道路株式会社、東日本高速道路株式会社および中日本高速道路株式会社の3社は、平成29年4月以降の違反点数通知について全数調査を実施した結果、誤った点数の通知などが15件発生していることが判明しました。
関係者の方には多大なご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げるとともに、今回このような事態を引き起こしましたことを真摯に反省し、再発防止に努めてまいります。

1.経緯
・西日本高速道路株式会社関西支社において、平成29年10月~30年1月にかけて、同社が所属する同組合に対して違反点数の通知を毎月実施していました。(計4回の通知)
・同支社が平成30年2月に、過去発送分の違反点数を確認した結果、当該違反が同名他社のものであり、これまでの違反点数の通知が誤りであることが判明しました。(なお、違反点数の通知は、各組合が登録している支社から実施しているため、実際に違反をおこなった同名他社が所属する組合には、別の支社から違反点数を通知していました。)
・このため、平成30年3月に、同支社が同社および同組合に誤通知であることや、発生原因などについて説明し、その後、改めて同組合に違反点数の訂正文書をお渡しし、お詫び申し上げました。

2.原因
違反点数集計時の確認・チェック不足や集計ミスなどにより、違反事象の同名他社のものとの取り違えや誤った点数の通知などが発生したものです。

3.平成30年3月から実施した全数調査結果
今回の誤通知の判明を受け、西日本高速道路株式会社を含む高速道路会社3社において、平成30年3月から同様の誤通知の事案がないか調査を実施しました。その結果、今回の事象のような同名他社に誤って通知した事案はございませんでしたが、誤った点数の通知または違反点数の通知漏れという事象が新たに15件判明しました。なお、15件の関係者の皆さまには、お詫びのうえ、違反点数の訂正をさせていただきました。

(単位:件数)

会社名 誤った点数を通知 通知漏れ
西日本高速道路株式会社 2 8 10
東日本高速道路株式会社 0 2 2
中日本高速道路株式会社 2 1 3
4 11 15

4.再発防止策(高速道路会社共通)
(1)車両制限令違反の現場取締時に、違反車両が所属する会社へ電話連絡を実施し、違反内容や違反車両のナンバー、保有車両などについて確認することで、違反会社を正確に特定できるよう努めて参ります。
(2)重複通知や集計ミスを徹底的に排除するため、集計結果を各高速道路会社で共有し確認するチェック体制を構築します。
(3)違反点数の通知文書を発出する前に違反された組合員に事前連絡をさせていただくことといたします。
(4)違反点数の通知の際に、組合員の違反点数だけでなく、違反の内容についても組合にお知らせすることで、違反の事実を確認していただけるようにいたします。

参考資料: PDFファイル補足資料