1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. E1 東名高速道路 足柄サービスエリアに設置するスマートICの正式名称が「足柄スマートインターチェンジ」に決定しました

ニュースリリース

このページを印刷する

2018年06月06日

  • 東京支社
  • 開通・建設
  • プレスリリース

E1 東名高速道路 足柄サービスエリアに設置するスマートICの正式名称が「足柄スマートインターチェンジ」に決定しました

静岡県小山町
中日本高速道路株式会社 東京支社

静岡県小山町と中日本高速道路株式会社 東京支社が共同で事業を進めている、E1 東名高速道路、足柄サービスエリア(上下線)に接続するスマートインターチェンジの正式名称が「足柄(あしがら)スマートインターチェンジ」に決定しましたのでお知らせします。

名称の考え方

本スマートインターチェンジは、サービスエリア接続型であり、既存のサービスエリアに設置される出入口であることが明確に判別可能となる名称とする必要があり、当該サービスエリアの名称を用いたスマートインターチェンジ名称に決定しました。

名称決定までの手続き

この名称は、(仮称)足柄スマートインターチェンジ地区協議会で検討をおこない、中部ブロック道路標識適正化委員会静岡部会の意見を踏まえ決定された名称原案を、中日本高速道路株式会社と独立行政法人日本高速道路保有債務返済機構(以下「機構」という。)に伝達し、機構による所定の手続きを経て決定されたものです。

資料

資料1:PDFファイル足柄スマートIC位置図

資料2:PDFファイル足柄スマートICに期待される効果