• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 【お詫び】E52 中部横断自動車道建設工事での重機による光通信ケーブル損傷について

ニュースリリース

このページを印刷する

2017年06月21日

  • 東京支社
  • 開通・建設
  • プレスリリース

【お詫び】E52 中部横断自動車道建設工事での重機による光通信ケーブル損傷について

中日本高速道路株式会社東京支社が建設するE52中部横断自動車道 富沢IC~山梨・静岡県境間で、重機の接触により架空線の光通信ケーブルを損傷させ、南部町福士の一部の地域に通信障害が発生しました。
地域の皆さまに多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
弊社では、この事故を重く受け止め、工事従事者に対する安全管理を徹底するとともに、再発防止に努めてまいります。

1.発生日時   2017年6月20日(火)午後7時00分頃発生

2.発生場所   山梨県南巨摩郡南部町福士

3.障害範囲 南部町福士地区の約300世帯

4.工事名 中部横断自動車道 東根熊トンネル他1トンネル工事

5.施工会社   株式会社竹中土木

重要なお知らせ

重要なお知らせ

  • 大雪のため、下記の高速道路の区間で通行止めが予想されています。

     【12月11日夜~12日】

     

    道 路 名 区   間
    東海北陸自動車道 美並IC ~ 白川郷IC
    中央自動車道 駒ヶ根IC ~ 中津川IC

     

     

    なお、下記の高速道路の区間においても降雪が予想されています。

     【12月11日夜~14日朝】

     

    道 路 名 区   間
    東海北陸自動車道

    美濃IC ~ 小矢部砺波JCT

    ※大雪の予想区間を含みます
    中央自動車道

    須玉IC ~ 瑞浪IC

    ※大雪の予想区間を含みます
    長野自動車道 岡谷JCT ~ 安曇野IC
    北陸自動車道 長浜IC ~ 朝日IC
    舞鶴若狭自動車道 小浜IC ~ 敦賀JCT
    名神高速道路 大垣IC ~ 関ヶ原IC

     

     

     高速道路で、一台でも自力走行不能車両が発生すると、長時間の渋滞や通行止めに繋がる可能性があります。高速道路をご利用いただくときは、冬用タイヤの装着およびタイヤチェーンの携行をお願いするとともに、気象予報をご確認いただくなど、今後の交通への影響にご注意いただきますようお願いいたします。

     

     

    今後の交通への影響

    当社では、降雪予測に基づき、高速道路での交通規制の見込みなど、交通への影響が想定される場合には、公式WEBサイトなどで情報を提供します。降雪区間では、安全確保のため、速度規制やチェーン規制が行われることが想定されるとともに、降雪量が増えた場合は、通行止めの可能性もあります。

     

    本格的な降雪シーズンにあたって

    冬の高速道路は急な降雪や大雪のおそれがあります。お出かけの際は、冬用タイヤの装着とタイヤチェーンの携行をお願いします。
    ※ノーマルタイヤでの雪道走行は、道路交通法により法令違反となります。

    詳しくはこちらPDFファイル

     

     

    【関連情報】
    ・雪道を走る前に知っておきたい情報はこちらから 冬の雪道ドライブガイド
    ・リアルタイムの路面状況・交通状況や気象予測はこちらから アイハイウェイ中日本