• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 【お詫び】E1A 伊勢湾岸自動車道で車線側に転倒していた規制看板にお客さまの車両が接触する事故が発生しました 

ニュースリリース

このページを印刷する

2017年06月21日

  • 名古屋支社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

【お詫び】E1A 伊勢湾岸自動車道で車線側に転倒していた規制看板にお客さまの車両が接触する事故が発生しました 

中日本高速道路株式会社名古屋支社が管理するE1A伊勢湾岸自動車道で、橋の伸縮装置取替工事に伴う追越車線規制の区間内において、車線規制内に設置していた規制看板が何らかの原因により第二走行車線側に転倒しており、高速道路を走行するお客さまの車両が接触する事故が発生しました。
お客さまにご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
今後は、飛散防止対策とともに、更なる必要な安全対策を検討してまいります。

1.発生日時
    2017年6月20日(火)16時00分頃

2.発生場所
    E1A 伊勢湾岸自動車道(下り線)豊田南インターチェンジ~豊明インターチェンジ間14.5kp付近
   (愛知県豊田市中田町)

3.工事用看板の飛散の状況
   ・大きさ:高さ1.55m、幅1.1mの規制用立て看板が車線上に飛散したもの

4.お客さま車両の損傷状況
   ・1台(普通自動車)の損傷のお申し出あり
   ・アンダーカバーおよび後部バンパーを損傷
   ・お怪我のお申し出はいただいておりません

参考資料:PDFファイル工事用看板の写真