• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. ゴールデンウィーク期間における高速道路の交通状況(速報)【北陸地方版】

ニュースリリース

このページを印刷する

2017年05月08日

  • 金沢支社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

ゴールデンウィーク期間における高速道路の交通状況(速報)【北陸地方版】

4月28日(金)~5月7日(日)10日間
※比較対象は昨年4月29日(金)~5月8日(日)10日間

NEXCO中日本は、ゴールデンウィーク期間 [2017年4月28日(金)~2017年5月7日(日)の10日間]の北陸地方における高速道路「E8北陸自動車道(E8北陸道):木之本インターチェンジ(IC)~朝日IC」「E41東海北陸自動車道(E41東海北陸道):白川郷IC~小矢部砺波ジャンクション(JCT)」「E27舞鶴若狭自動車道(E27舞鶴若狭道):小浜IC~敦賀JCT」の交通量と交通混雑状況についてとりまとめました。

今年は期間後半の5連休に交通が集中し、期間中の天気も概ね良好であり、期間中の日平均断面交通量・料金所出入交通量はともに6%増加しました。
また、期間中の5km以上の渋滞発生回数は7回で、昨年より3回増加しました。

  • 各路線の1日あたりの平均断面交通量(台/日)※・5km以上の渋滞発生回数(回)

    ※道路に備え付けられている交通量(概数)の自動計測器による速報値 百台未満は四捨五入
  • ピーク日の平均断面交通量(台/日)※

    ※道路に備え付けられている交通量(概数)の自動計測器による速報値 百台未満は四捨五入
  • 料金所の日平均出入台数
    料金所の日平均出入台数は、昨年の約245,000台に対して約260,000台と約6%増加しました。

高速道路ドライブアドバイザーによる解説

今年のゴールデンウィークは、期間後半が土日を含めた5連休になり交通が集中しました。また、昨年は富山県内で通行止めが発生するほどの風の強い日がありましたが、今年は期間をとおして概ね好天が続き、特に3~5日は天候に恵まれ交通量が大きく伸びました。その結果、期間中の金沢支社管内の全路線(E8北陸道・E41東海北陸道・E27舞鶴若狭道)の日平均断面交通量は、昨年の約32,400台に対して約34,300台と約6%増加しました。
E8北陸道ではピーク日であった3日(水)の上下線合計の断面交通量が約60,100台で、昨年の年平均日断面交通量と比較して約2倍の交通量となりました。
渋滞予測では3日のご利用をおすすめしていましたが、予想以上にご利用が多く交通集中による渋滞が発生しました。6日は天候不順により、分散したご利用となり渋滞は発生しませんでした。
引き続き、安全で安心・快適に高速道路をご利用いただけるよう、情報発信に努めて参ります。

期間中の各路線の交通量は以下のとおりでした。
  • E8北陸道の日平均断面交通量は昨年の約38,800台に対して約41,000台と約6%増加しました。
    上下線合計のピーク日は3日(水)で約60,100台〔昨年は3日(火)で約56,400台〕
    (年平均日断面交通量と比較して約2倍の交通量)
    上り線(米原方面)のピーク日は3日(水)で約29,000台〔昨年は3日(火)で約27,700台〕
    下り線(新潟方面)のピーク日は3日(水)で約31,100台〔昨年は3日(火)で約28,700台〕
  • E41東海北陸道の日平均断面交通量は昨年の約13,100台に対して約14,000台と約7%増加しました。
    上下線合計のピーク日は4日(木)で、約22,400台〔昨年は3日(火)で20,600台〕
    (年平均日断面交通量と比較して約3倍の交通量)
    上り線(岐阜方面)のピーク日は4日(木)で約11,400台〔昨年は3日(火)で約10,400台〕
    下り線(富山方面)のピーク日は3日(水)で約11,300台〔昨年は3日(火)で約10,200台〕
    南砺スマートIC・福光IC・五箇山ICの3料金所合計出入台数(日平均)は、昨年の約5,600台に対して約5,900台と約5%の増加となりました。
  • E27舞鶴若狭道の日平均断面交通量は昨年の約11,400台に対して約12,300台と約8%増加しました。
    上下線合計のピークは3日(水)で、約21,600台〔昨年度は3日(火)で約16,200台〕
    (年平均日断面交通量と比較して約3倍の交通量)
    上り線(舞鶴方面)のピークは3日(水)で約11,400台〔昨年度は3日(火)で約8,100台〕
    下り線(敦賀方面)のピークは3日(水)で約10,200台〔昨年度は3日(火)で約8,100台〕
    若狭上中IC・若狭三方IC・若狭美浜IC・敦賀南スマートICの4料金所(昨年は敦賀南スマートICを除く3料金所)合計出入台数(日平均)は、昨年の約4,300台に対して約4,900台と約13%の増加となりました。なお敦賀南スマートICを除く場合、約4,400台と約3%の増加となりました。
  • 通行止は発生しませんでした。〔昨年は1回〕
  • 延長5km以上の渋滞発生回数は7回でした。〔昨年は4回〕(詳細はPDFファイル別紙参照
    期間内の最大渋滞長は3日(水)にE8北陸道の上り線(米原方面)の葉原トンネル付近を先頭に発生した20.1kmで、渋滞原因は事故でした。

    期間内の交通集中を原因とする渋滞の最大渋滞長は3日(水)にE8北陸道の下り線(新潟方面)の日野山トンネル付近を先頭に発生した15.3kmでした。
    渋滞末尾や渦中で事故が発生していますので、適度な車間距離と脇見運転にご注意願います。
参考資料: PDFファイル【別紙】金沢支社管内の渋滞発生状況(渋滞長5km以上)
PDFファイル曜日配列と天候、路線別の断面交通量、北陸道 県別の断面交通量