• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 高速画像処理を用いたトンネル内点検技術の開発 ~高速で走行しながら0.2mmのひび割れ検出に成功~

ニュースリリース

このページを印刷する

2017年04月19日

  • 本社
  • 安全への取り組み
  • プレスリリース

高速画像処理を用いたトンネル内点検技術の開発 ~高速で走行しながら0.2mmのひび割れ検出に成功~

NEXCO中日本は、東京大学大学院情報理工学系研究科と共同で、点検技術のさらなる信頼性向上や、点検の高度化・効率化を目指し、トンネル内を高速で走行しながら画像処理により自動的に変状を検出する技術の開発をおこなってきましたが、この度、開発の目標としていた幅0.2mmのひび割れを検出することが可能になりましたのでお知らせいたします。
今後とも、実用化に向けて機器の信頼性の確認や運用体制の確立を引き続き実施していき、2018年度の導入を目指します。

開発した技術の概要

  • 時速100kmで走行しながら幅、0.2mmのひび割れを検出することができます。
  • 交通規制をおこなわずにひび割れの検出ができるため、点検コストの低減が期待できます。
  • 撮影機器は小型であり、一般車両に搭載できるため専用車両を必要としません。

開発の背景と目的

現在、トンネル構造物の点検は、5年に1度、交通規制をおこなったうえで高所作業車を用いて近接目視や打音、触診(詳細点検)により実施していますが、この技術により事前にトンネル内の撮影をおこない、精度の高い情報を事前に把握したうえで点検に臨むことで、点検の信頼性向上、効率化に寄与します。

活用する技術

東京大学が研究開発した「高速画像処理技術と高速小型回転ミラー」を用いて、高速移動中でも画面の中心に被写体(ひび割れ等の損傷)を捉え続ける制御をおこなっています。この技術を活用することでブレの無い高精度な映像の撮影が可能となっただけでなく、従来よりも撮影に必要な照度を抑えることができるため撮影装置の小型化に成功しました。

これまでの開発状況

2013年 研究開発 開始
2015年 装置製作
2016年 時速100km/h走行における0.5mmひび割れを検出
2017年 時速100km/h走行における0.2mmひび割れを検出

本成果は、東京大学石川渡辺研究室のWEBサイトやYouTubeでも紹介しています。

WEBサイト:新しいウィンドウを開きます。http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/perception/AdvancedInspection/index-j.html
YouTube:新しいウィンドウを開きます。https://youtu.be/AkrORWW7NO4

お問い合わせ先

・NEXCO中日本お客さまセンター (24時間365日対応)
TEL:0120-922-229 (フリーダイヤル)
TEL:052-223-0333 (フリーダイヤルが利用できないお客さま/通話料有料)