• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 「SMBC環境配慮評価融資」を利用した資金の調達について

ニュースリリース

このページを印刷する

2017年02月06日

  • 本社
  • 経営
  • プレスリリース

「SMBC環境配慮評価融資」を利用した資金の調達について

中日本高速道路株式会社は、株式会社三井住友銀行より、「SMBC環境配慮評価融資」を利用した資金の調達をおこないました。「SMBC環境配慮評価融資」は、同行と株式会社日本総合研究所が作成した独自の評価基準に基づいて企業の環境配慮状況を評価し、評価結果に応じて融資条件の設定をおこなう同行の融資商品です。
今回の「SMBC環境配慮評価融資」では、当社がおこなっている以下の取り組みを加味し、優れた環境配慮を実施しているとの評価となりました。
なお、このような環境評価型融資は、高速道路会社では初となる取り組みです。

  1. 当社では、CO2排出量の抑制に資する高速道路のネットワーク化や渋滞解消等の実現に努めており、当社の策定した環境方針に基づき様々な環境取組を推進していること。
  2. ETCレーン整備による料金所渋滞の解消、道路照明、EV(電気自動車)急速充電器等の省エネルギー導入などの取組がCO2排出の抑制に寄与していること。
  3. 高速道路内の樹木の剪定や雑草の刈り取りで発生した植物発生材、高速道路の路面清掃により発生した廃棄物のうち、再資源化が可能なものはリサイクルするなど、資源の3R(Reduce(廃棄物の発生抑制)、Reuse(再使用)、Recycle(再資源化))を推進していること。
  4. 高速道路の建設による、動植物の生息・生育基盤の消失や動物の移動経路の分断を最小限に抑えるため、エコロード(自然環境に配慮した道)づくりに取り組んでいること。
  5. 環境活動の効果やコスト、事業活動が環境に与える影響の定量的な把握に努め、環境活動を継続的に改善していく環境マネジメントを経営に取り入れて活動を進めていること。

当社では、CO2排出量の抑制に資する高速道路のネットワーク化や渋滞解消等の実現に向けて、高速道路の建設・整備を進めており、今回の融資は、その全額が高速道路の建設・整備資金に充当されます。
中日本高速道路は、今後も高速道路のネットワーク化や渋滞解消によるCO2排出量の削減、高速道路を通じた環境改善に取り組んでまいります。

参考資料: PDFファイル中日本高速道路のおこなっている環境配慮の取り組みの例

重要なお知らせ

重要なお知らせ

  •  大雪のため、下記の高速道路の区間で通行止めが予想されています。

     

    【1月22日未明 ~ 23日朝】

    道路名 区間
    C4 首都圏中央連絡自動車道 相模原IC ~ あきる野IC
    E20・E19 中央自動車道 高井戸IC ~ 中津川IC
    E68 中央自動車道 大月JCT ~ 河口湖IC
    E68 東富士五湖道路 富士吉田IC ~ 須走IC
    E19 長野自動車道 岡谷JCT ~ 安曇野IC
    E52 中部横断自動車道 六郷IC ~ 双葉JCT
    E42 紀勢自動車道 勢和多気JCT ~ 紀勢大内山IC

     【1月22日夕方 ~23日朝】

    道路名 区間
    E1 東名高速道路 東京IC ~ 清水IC
    C4 首都圏中央連絡自動車道 茅ヶ崎JCT ~ 相模原IC
    E1A 新東名高速道路 御殿場JCT ~ 新静岡IC
    E52 新東名高速道路 清水連絡路 清水JCT ~ 新清水JCT
    E85 小田原厚木道路 全線

    やむを得ず高速道路をご利用される場合は、今後の気象予測や道路交通情報をご確認いただくとともに、冬用タイヤやタイヤチェーンの早めの装着をお願いします。
    ※ノーマルタイヤでの雪道走行は、法令違反です。

     

    今後の交通への影響
    当社では、降雪予測に基づき、高速道路での交通規制の見込みなど、交通への影響が想定される場合には、公式WEBサイトなどで情報を提供します。降雪区間では、安全確保のため、速度規制やチェーン規制が行われるとともに、降雪量が増えた場合は、通行止めの可能性もあります。

     

    【関連情報】
     ・雪道を走る前に知っておきたい情報はこちらから 冬の雪道ドライブガイド

     ・リアルタイムの路面状況・交通状況や気象予測はこちらから アイハイウェイ中日本