• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 対策の実施により海老名ジャンクションの渋滞が緩和しました(圏央道八王子方面から東名高速道路に向かうランプ付近) ~運用後2カ月の効果について~

ニュースリリース

このページを印刷する

2016年10月17日

  • 東京支社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

対策の実施により海老名ジャンクションの渋滞が緩和しました(圏央道八王子方面から東名高速道路に向かうランプ付近) ~運用後2カ月の効果について~

中日本高速道路株式会社東京支社は、圏央道八王子方面から東名高速道路方面に向かう(以下、内回り方向という)ランプ付近での渋滞緩和を目指し、ランプの2車線化および本線部の一部1車線化による暫定運用を7月15日より開始しました。
1年前に比べ、2015年10月に圏央道が東北道までつながったことにより、内回り方向のランプ交通量が約1割増加しましたが、今回の対策により、年間でも交通量の多いお盆期間を含めた運用後2カ月間において、ランプ付近で発生していた渋滞の回数が4割減少、渋滞の時間が3割減少しました。
また、ETC2.0データにより、海老名インターチェンジ~海老名ジャンクション間(約1.2km)について、平日の混雑時間帯における平均通行速度が約10km/h以上(3割)改善したことが分かりました。
交通状況について、今後も引き続き確認してまいります。

お問い合わせ先

・NEXCO中日本お客さまセンター (24時間365日対応)
TEL:0120-922-229(フリーダイヤル)
TEL:052-223-0333 (フリーダイヤルが利用できないお客さま/通話料有料)
参考資料: PDFファイル位置図