• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 伊勢道伊勢関IC・東海環状道関広見ICにおける料金所入口ETCレーン発進制御バー開放運用の実験について

ニュースリリース

このページを印刷する

2016年10月03日

  • 名古屋支社
  • 料金・ETC・割引
  • プレスリリース

伊勢道伊勢関IC・東海環状道関広見ICにおける料金所入口ETCレーン発進制御バー開放運用の実験について

中日本高速道路株式会社名古屋支社は、社会資本整備審議会の中間答申(※)における「賢い料金所」の導入を目指すという方針に基づき、下記のとおり、 2016年10月11日(火)から伊勢自動車道(伊勢道)伊勢関インターチェンジ(IC)、10月24日(月)から東海環状自動車道(東海環状道)関広見ICにおいて、料金所入口ETCレーンの発進制御バー開放運用の実験をおこなうこととなりましたので、お知らせいたします。
※2015年7月 社会資本整備審議会 道路分科会 国土幹線道路部会 中間答申 高速道路を中心とした「道路を賢く使う取組」

実験実施箇所及び実施期間

(1)伊勢道 伊勢関IC 入口ETC専用レーン
   2016年10月11日(火)から11月11日(金)
(2)東海環状道 関広見IC 入口ETC専用レーン
   2016年10月24日(月)から11月24日(木)

実験期間中は、入口ETC専用レーンの発進制御バーは、開放したままとなります。
なお、出口ETCレーンは、従来どおりの運用(発進制御バーの開閉)となります。


【対象IC】


【イメージ】

実施期間中のお願い

・ETCエラーが発生した場合は、以下のとおり、料金所係員へお申し付けください。
→エラーが発生しても発進制御バーは開放したままですので、後続のお客さま車両等に十分注意をはらい、安全をご確認のうえ、レーンに設置されているインターフォンで係員にご連絡いただき、料金所係員の指示に従ってください。
→出口料金所では、ETCレーンをご利用いただけませんので、料金所係員のいる「一般レーン」または「ETC/一般レーン(混在レーン)」へ進み、入口料金所のETCレーンでエラーとなった旨お申し出ください。

参考

国土交通省記者発表資料 「圏央道でETCバーを開放する実験を開始します。~ストレスのない『賢い料金所』の導入~」
新しいウィンドウを開きます。http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000563.html

お問い合わせ先

・NEXCO中日本お客さまセンター (24時間365日対応)
TEL:0120-922-229 (フリーダイヤル)
TEL:052-223-0333 (フリーダイヤルが利用できないお客さま/通話料有料)