• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 新名神高速道路四日市JCT~新四日市JCT 東海環状自動車道新四日市JCT~東員IC間が8月11日(木:祝)15時に開通

ニュースリリース

このページを印刷する

2016年07月15日

  • 名古屋支社
  • 開通・建設
  • プレスリリース

新名神高速道路四日市JCT~新四日市JCT 東海環状自動車道新四日市JCT~東員IC間が8月11日(木:祝)15時に開通

国土交通省中部地方整備局
中日本高速道路株式会社

開通による主なストック効果

  • 港湾への所要時間短縮
    開通区間周辺には多くの企業が集積
    名古屋港及び四日市港までの所要時間が約20分短縮し物流が効率化
  • 立地企業の輸送における生産性向上
    所要時間の短縮により輸送における生産性向上(約1割向上)に期待
  • 沿線地域の開発支援
    沿線地域(いなべ市)の企業立地件数は1997年から約4倍
    さらなる沿線地域の開発拡充による、地域経済活性化に期待
参考資料: PDFファイル開通区間概要とストック効果等